Essay/Column/Diary

Motorsportの最近のブログ記事

モータースポーツ お宝博覧会

|

〇1120434 (2).JPG

私の所属するNPO法人 鈴鹿モータースポーツ友の会では、現在、鈴鹿市役所1階ロビーにある「モータースポーツ振興コーナー」で「市民でつくるモータースポーツお宝博覧会」を開催している。
流石はモータースポーツの街たる鈴鹿市民の皆さん、実に多種多様の「お宝」をエントリー頂き、都合3回に分けて展示することになった。

ああ、あんまり興味がないわ、と、思われた方も次の写真を見て頂くと、如何ですか?
これは、ホンダコレクション・ホールが出来た時に使われたパネルです。

“トワイライト・クルージング”

|

〇トワイライトストレート走行.jpg

私が所属する「NPO法人 鈴鹿モータースポーツ友の会」の一寸宣伝になるかも知れない。
これまでにも当会のことは、このコラムで紹介してきているが、今年は後半に色々なイベントが集まり、少し忙しかった。
写真は先日行った会員対象のイベントで、鈴鹿サーキットを夕刻にゆっくり走る“鈴鹿サーキット体験走行トワイライト・クルージング”の模様だ。
因みに、先頭の車は何でしょう? 

久しぶりの”ツインリンクもてぎ”

|

〇ホテル入り口.jpg

2年ぶりに栃木県にあるサーキット”ツインリンクもてぎ”に行ってきた。
今も、スーパーFJという入門フォーミュラに関係する仕事をしていて、そのスーパーFJ日本一決定戦が鈴鹿サーキットとツインリンクもてぎで毎年、年末に交互に開催される為である。

ナンバー付カドウェル?

|
〇カドウェルR走行2.jpg

先日、電話が入り「ナンバー付きのカドウェルをサーキットで走らせています」とのこと。
少し混乱してしまった。
カドウェルはレース用に作った純粋なレーシングカーだ、ナンバー付き、とは?
少し思い起こしてみると、そう言えば昔、カドウェルをお持ちの方で、どなたかがナンバーを取得したとの話を聞いたことがあった。
その車が鈴鹿に来たのかな、とサーキットに向かうことにした。

◎友の会コーナー_3.jpg

三重県の鈴鹿市役所には、正面入り口を入った横に「モータースポーツ振興コーナー」が設置されている。
私が所属する「NPO法人鈴鹿モータースポーツ友の会」は、このコーナーの企画運営に携わっているのだが、今回「プラモサーキット@鈴鹿市役所」と銘打ち、レーシングカーのプラモデルを展示することになり、出品者を募ることになった。

久しぶりの遠征

|
◎岡山朝食.jpg

美味しそうな朝食、ここは何処だと思います?
今年は新型コロナウイルス関連で、自動車レースの開催も延期や中止が続き、暫く遠征に出掛けることは無かったのだが、8月に入り、久しぶりに出掛けた。

嬉しい「密」

|

◎4Sコースイン.jpg

今回の新型コロナウイルスの感染予防で、鈴鹿サーキットも長期間に渡り閉鎖していたのだが、この6月後半から走行が出来るようになった。
ただ、長い間の休み明けとなるので果たして多くの方が練習走行に来るのか、案じられていたが、いざ蓋を開けてみると走行枠の台数を越えるばかりの参加者に、いわば「嬉しい密」を感じた。

2019 F1 日本グランプリ

|
◎ホンダジェット.jpg

遠方から現れた小さな機体。
何度か周囲を旋回すると、はっきりとその姿が見えた。
前頭部の青い塗装、まさにホンダジェットだ。

〇メルセデスパレード_2.jpg

鈴鹿市内の鈴鹿サーキットからイオンモール鈴鹿までの往復6.6kmをレーシングカー(GT3/GT300マシン) 36台が走る公道パレードが行われた。
このような大規模で沢山のレーシングカーが走るパレードは、海外ではル・マン市(ル・マン24時間レース関連で)をはじめベルギー等で行われているが、日本では初めてとなる。

〇自転車ジャンプ.jpg

これ、バイクではなく自転車だ!
自転車で、いとも簡単に軽トラックの上に登り、そして、ジャンプして降りる瞬間である。
このあと、どうなるの、と思ってしまう。

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちMotorsportカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはAutomobileです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01