Essay/Column/Diary

Motorsportの最近のブログ記事

昔の車に将来性を見る

|

〇ローラT70_2.jpg

こんなに昔のレーシングカーは美しかったのか、すっかり忘れていた。
“ローラT70 MKⅢ” 1960年代の日本グランプリで活躍した車だ。
今のテクノロジーの目でみてしまうと、これでは車体は浮き上るだろう、などと思ってしまうが、そんな野暮な目で見てはいけない、当時は戦闘力が最も高いレーシングカーであった。そして同時に魅力的で美しいかった。
先日、鈴鹿サーキットで行われた「Suzuka Sound of Engine 2016」のワンシーン。ヒストリックレーシングカーを集めたこのイベント、年を増すごとに、とても盛況になっている。

F1日本GPの現場から 追加版

|
メルセデス.jpg

まさに今、F1日本グランプリが開催されているが、私はそのサポーティングレース(スーパーFJとポルシェカレラカップ)の審査委員として現場にいる。
仕事の話は別にして、ピット前をうろついて来たので、その写真でも。
先ずはメルセデスのピットからハミルトン車。

おらが街の自慢

|
〇市役所廊下.jpg

F1関連の写真が飾られている、この廊下、何処だと思います?
実は、私の住む三重県は鈴鹿市役所の中の廊下なのです。
この日、鈴鹿市役所では「初心者のためのモータースポーツおもしろ体験・講座」があり、エレベーターを降りた所より、その会場へのアプローチとして、鈴鹿出身のF1カメラマン熱田護氏のこれらの写真が飾られているのです。

サーキットチャレンジャー

|
採点表.jpg

さて、これは何だと思われますか?
ハンドリングやシグナルスタート、シフトアップとアクセルコントロールのグラフなど。
自動車の運転評価? だけでは足りませんね、それにシグナルスタートは無いでしょ、まさか交差点からのシグナルグランブリなど!!
ではレーシシングカーのデータロガー? こんなに単純じゃありません。
実はコレ、鈴鹿サーキットに新しく出来た国際レーシングコース(東コース)を走る新しいカートでの走行結果表であり、評価表なのです。

ヒストリックカーレース

|
○英国旧車群.jpg

ロータス23B、ジネッタG4、ヒルマンインプ、ジャガーEタイプ、フォードエスコートなど、英国の古い車がズラリと並ぶ。
これは先月、鈴鹿サーキットで開催された「ゴールデン・トロフィー・レース」のパドックシーンだ。
日本では、こうしたヒストリックカーによるレースは少ない。

ホンダ八重洲ビル

|
◎ホンダ八重洲ビル.jpg

この細長い白いビルがホンダ八重洲ビル。
実は近々無くなってしまう、八重洲地区の再開発(東京都心・八重洲地区整備計画)に伴うものだ。
ホンダが南青山に移転するまで本社を置いていたビルで、その後も関連子会社の㈱モビリティランド(鈴鹿サーキットやツインリンクもてぎ)やホンダ関連の財団法人が置かれていた。
新幹線で東京駅到着前にビルの間からチラリと見える、このビルも無くなってしまうのか。

今年も明日で終わる

|
◎後尾から.jpg

今年も明日で終わる、とは言ってもレースの話。
もはや恒例となっている「S-FJ日本一決定戦」が明日(6日)ファイナルレースを迎える。私も大いに関係するレースで、このレースを控え、これまで色々な段取りを行ってきた。
スーパー・フォーミュラ・ジュニア(S-FJ)は、将来を目指す若手ドライバーの登竜門のレースであり、また、本格的なフォーミュラレースを生き甲斐に参加するベテランドライバーも多く参加する。

鈴鹿1000キロが終わった

|
〇白バイ先頭.jpg

白バイ、パトカーによる鈴鹿1000キロレース・・・では無くて、これはスーパーGTシリーズのインターナショナル スズカ 1000kmレースのスターティング・グリッドを前から写したもの。
最近では恒例となっている地元警察先導による1周のパレードラップがある。その先頭の白バイから見た景色で、後ろにはGT車両がズラリと並ぶ。

□レーシングスーツ.jpg

新しいレーシングスーツを着たので記念写真をと、カメラマンの方から写して頂いたもの。
いやー、まさか、この歳になってレーシングスーツを新調することになるとは思ってもみなかった。
勿論、今更レースに出よう、という訳ではないんですよ。

アルファロメオ4Cに 乗ったぞ!

|
〇4Cピット前_2.jpg

かねてより気になっていたアルファロメオ4Cだが、先日開催された「八光ジラソーレ走行会」で乗る機会を得た。
当走行会ではインストラクターを務めさせて頂いていて、先導走行やレーシングTAXIを行っているのだが、4Cは今のアルファロメオのフラッグシップたる車であり、リスクを伴うサーキット走行には持ち込まれないだろう、と思っていたのだが・・・

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちMotorsportカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはAutomobileです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01