Essay/Column/Diary

Automobileの最近のブログ記事

◎ホンダジェット_モデル.jpg

全回のコラムに引き続き、タイトル写真はホンダジェット。
今回は本物ではなくモデルだけれど、
さて、何処に展示されていたものでしょうか。

〇メルセデスパレード_2.jpg

鈴鹿市内の鈴鹿サーキットからイオンモール鈴鹿までの往復6.6kmをレーシングカー(GT3/GT300マシン) 36台が走る公道パレードが行われた。
このような大規模で沢山のレーシングカーが走るパレードは、海外ではル・マン市(ル・マン24時間レース関連で)をはじめベルギー等で行われているが、日本では初めてとなる。

日本一売れているクルマ ホンダN BOX

|

〇N Boxポートレート2.jpg

日本で一番売れているクルマ"ホンダN Box"には乗ってみたかったのだが、過日、幸い乗る機会を得た。
ホンダディーラーに努める知人より、
「今度のN Boxはとても良くなってる、機会があれば乗ってみれば、いやー売れるはずだわ」との言葉も聞いていた。

メルセデスベンツ E-Class

|
〇E200室内イルミネーション.jpg

最新のメルセデスベンツEクラスに乗る機会があった。
それも数日間預かり、遠出もしてみた。
室内は美しくネオンのようにブルーのライトが取り巻き、デジタル表示のメーター類や、中央の大きなディスプレイなど、近未来的と表現すべきか、非日常というべきなのか、素晴らしい車の性能を含めて、別世界を体験した。

ABARTH 500 ASETTO CORSE

|
〇オバケ.jpg

「畑川さんの車はコレです」
「あっそう・・・エー!」
これ、オバケじゃ無いの! と思ってしまった。
車の中にはロールケージが張り巡らされ、固定されたスパルコのレーシングシート、サベルトの5点式シートベルト、内装は全て剥がされ鉄板むき出し、無論、助手席は無くて、ルームミラーさえ外されている。
“ンー!オッシャー やったろやんけ ” 頭の中で関西弁が言った。

新名神開通 鈴鹿の渋滞解消なるか

|

〇新名神1kmポスト_2.jpg

新名神高速道路の新四日市JCT~亀山西JCT間(約23km)が3月17日(日)に開通した。
私の住む鈴鹿は地名として鈴鹿サーキットがあることで有名だが、最近では高速道路の渋滞場所としての印象が強い。
今回の新名神の開通で渋滞が緩和されることを願うものだ。
写真は四日市JCTから新名神の下り線に入ったところ、中央に1kmのキロポストが写る。

旅の写真から  USA クルマ編

|

1_駐車場.jpg

4年ほど前になるが、カリフォルニアに行った時のこと、
ある朝、ショッピングモールの駐車場で車の集まる会があるとのことで、見に行った時の写真から。

〇新Cクラス.jpg

「乗ったぞ」などと偉そうに言えたものではない、ディーラーで試乗させて頂いただけだから。
最新のW205はCクラスの4代目となる。
ある雑誌では、日本を代表する有名なレーシングドライバーだった自動車ジャーナリストの方が、このCクラスのレポートで「こんなことは言いたく無いが、世界ナンバーワン」と評価されていたのが以前から引っかかっていて、とても私に買える車では無いが、一度乗ってみたいな、と思っていた。

ホテルの朝とRR

|
〇ホテルの朝RR3台.jpg

久しぶりに鈴鹿サーキットホテルに泊まった。
部屋はSouth棟で少しレストランからは遠く、しかし朝の澄んだ空気の中、ホテルの庭を歩いて朝食に向かった。
ふと横の駐車場を見ると、3台のスポーティなロールスロイス(RR)が停まっていた。
やはり今日のイベントにはこうした車が、さりげなく居るのが似合うな、と思った。

〇同乗走行タイトル用.jpg

福山英朗選手の横に乗りピースサインの子供さん。
これから鈴鹿サーキットをレーシングスピードで走るところだ。
“子供たちの同乗走行「本物の世界を知る」”として、鈴鹿モータースポーツ友の会で主催したイベントを過日行った。
鈴鹿市、鈴鹿市教員委員会のご後援を得て、鈴鹿市内の小・中学校に案内し、多くの応募の中から50名に絞って参加して頂いたものだ。

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちAutomobileカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはMotorsportです。

次のカテゴリはTravelです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01