Essay/Column/Diary

Railwayの最近のブログ記事

Class47とMkⅠ

|
Manningtree駅トリミング.jpg

40年も前の話。
イギリス訪問3回目にして、初めてイギリス国鉄の列車に乗った。
これがイギリスの鉄道を好きになるきっかけだったのかも知れない。
写真はロンドンから東北東に約1時間のマニングツリー(Manningtree)駅。
機関車はClass47型で客車はMkⅠ型。当時は最も標準的な列車編成で、日本で言えばEF58とスハ42の編成といったところになろう。
このとき、MkⅠ客車の重厚さや快適さに感銘を受けた思い出がある。

△トーキーホーム.jpg

意外にも、イギリスには美しい駅が多かった。
まずは、イギリスの南西の端に位置するデヴォン州にあるTorquay(トーキー)駅。
列車で到着し、ホームに降り立つと、柱の装飾の綺麗さに目を奪われた。
アガサ・クリスティの生誕地でもあるトーキーは美しい海岸沿いにあり、リゾート地として多くのホテル等が並ぶ。

Hobby Room

|
〇ホビールームドア.jpg

以前に来客をホビールームに案内した時のこと。
当時はまだ1畳サイズのレイアウトだったが、喜んでご覧になって帰られた。
後から、ふと考えるとレイアウトは良いとしても、その部屋は実に雑多としていて、思い出すと恥ずかしい思いがした。

□SRオリエント急行.jpg

これまでに私のレイアウトには、かなり多くの方が見に来られている。
その時の説明で、上の写真の列車は「あの有名なオリエント急行で、ロンドンからドーバーまでをこの列車で行き、ドーバー海峡は連絡船で渡って、フランスのカレーからは云々・・・」と話してきた。
最近、まてよ、確かに近年VSOE(ベニス・シンプロン・オリエントエクスプレス)としてオリエント急行は走っている。ただ、私のレイアウトは4大鉄道時代(Big Four 1923年~1947年)あたりを想定しており、どうもその頃のオリエント急行はパリから以東の列車で、イギリスにはオリエント急行は走っていなかったのでは、と解ってきた。
そうか、いくら適当に模型で遊んでいるとは言えども、嘘はいかん、と。

□銀座天賞堂外観.jpg

銀座4丁目にある天賞堂本店が社屋建て替えにより3月で終了し、4月より新しい店舗に移転・営業される。そして、これまで4階にあった中古鉄道模型を扱っていた「エバーグリーンショップ」は、この2月17日をもって終了してしまう。

イギリス型の鉄道模型店

|

□Cwdsタイトル.jpg

私のイギリス型レイアウトより。
よく、こうしたイギリスの模型は何処で買うのですか、と尋ねられる。
この写真に写っている車両・家・車・フィギュア・ベンチ・羊・3種の柵・木・プラットフォームなど、全て東京のメディカルアートさんで購入させて頂いている。
そこで、今回はそのご紹介でも。

鉄道博物館

|

■1_大宮ターンテーブル.jpg

初めて埼玉県の大宮にある「鉄道博物館」に行った。
写真はC57が乗るターンテーブルを旋回させているところで、女性による解説があり、機関士が乗り「ボーッ」と汽笛を鳴らしたりと、エンターテイメントしている。

2018 鉄道模型大集合 in OSAKA

|

〇京都トンネルクラブから見た全景_1.jpg

例年、大阪は交野市で開催される「鉄道模型大集合 in OSAKA」を今年も見学させて頂いた。
関西の鉄道模型クラブ、10クラブが集まり開催されている。専門誌の取材もある関西随一のイベントである。
各クラブは、言わば鉄道模型の老舗のクラブであり、私と同年代あるいは私以上の方が殆どである。
よくデパートなどで開催されている「鉄道模型Nゲージのジオラマ」などの子供達に人気のイベントとは趣を異にする。まさに大人の趣味として鉄道模型趣味を持つ方々の集りである。

いつの間にか色々と

|

お盆だ、趣味の鉄道模型で遊ぼうか。
と思うと、いつの間にか実に色々なゲージの模型を持ってしまっていた。
私はコレクターでは無いので意識して色々と集めた訳では無いのだが・・・いつの間にか・・・一寸、並べてみようか。

◇Oナロー.jpg

軌間16.5mm、HOゲージの線路で走れるOゲージ。
スケールが約1/45と大きなモデルの割にはHOゲージの356Rも走れるので、例えば炬燵の上や食卓テーブルの上など、小さなスペースでも走られらせる。

大人の遠足 その2

|

阿下喜駅からはタクシーで10分あまり、今度は同じ三岐鉄道でも三岐線(ゲージはJR在来線と同じ1067mm)の東藤原駅に向かった。

Sangi_Railway_Linemap.svg.png

その東藤原駅に着いて驚いた。
以前に来た時には、いかにも地方鉄道の古い駅舎だったが、まるでイギリスの駅のような立派な駅舎に変わっていた。
思わず、私のイギリス型鉄道模型のメーカー Hornby製では、と思ってしまったほど。

□Hornby駅舎正面.jpg

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちRailwayカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはTravelです。

次のカテゴリはOthersです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

004)Railway: 月別アーカイブ

Powered by Movable Type 4.01