Essay/Column/Diary

Railwayの最近のブログ記事

IMG_5819 (2).JPG

前回のNゲージ編の続きになる。
以前に東京新宿にあるホビーセンターカトー東京店を訪れた際、その入口で小さなトラムが良く作られた軌道敷のセットの上をスムーズに走り回っているのが、とても印象的だった。
その後、富山に行く機会があり、実車に乗ってみると、そのLRTの快適な乗り味にすっかり気に入ってしまった。

DSC07578 (2).JPG

これまでの市電と違い、ノンステップで乗降が出来るので色々な人に優しいし、車内のシート配置がオシャレ、そして何より、揺れが少なく乗り心地が素晴らしい。
もう、自然とKATOのユニトラム・セットを購入することになった。

0③0766 (3).JPG

この「我がレイアウトの写真から」も3回目になる。
イギリス型OOゲージ(1/76)、日本型HOゲージ(16番? 1/80)ときたので、今回は1/150の世界、Nゲージにしようか。
あまり拘ってこなかったNゲージも、写真を探してみると意外と色々出てきた。
こんなにNでも遊んでいたのかと感心する。
上のタイトル写真はコルクボード・レイアウトと名付け、ホームセンターで売っている600×900mmのコルクボードの上に作ったレイアウトだ。

やっと乗れた ”ひのとり”

|

〇0640 (2).JPG

近鉄名古屋駅。
特急“ひのとり”が入線してくると多くの人がカメラを構えた。
“ひのとり”は昨年3月より運行を開始した名阪特急で、”アーバンライナー”に替わって近鉄のフラッグシップたる車両だ。昨年すぐにでも乗りたかったのだが、件のコロナ禍により、移動を、大都市に行くことを控え、ワクチン注射が済むまで我慢をしていたら今日になり、やっと”ひのとり”に乗ることが出来た、という次第だ。

どうせ乗るなら全線を乗りたい。鈴鹿に住む私は一旦、名古屋に向かうことになるので、ついでに”アーバンライナー”で行けば比較も出来るのではと考えた。

DSC09479 (2).JPG

もう60年近くも以前になるのか、私が確か中学か高校生だった頃、鉄道模型趣味誌(TMS誌)でレイアウトコンペがあった。図面によるコンペティションだったが、そこに応募して入賞し、賞品として頂いたのが、このカツミ製のED70だった。
その応募レイアウトは、狭軌私鉄をテーマとしたレイアウトを設計した。つまり、歴史のある私鉄には後発の広軌私鉄とは違う独特の雰囲気があるし、一方で伊豆急行が開通し、国鉄の優等列車も乗り入れる路線の魅力も当時、影響を受けてレイアウトを画いていた。
そんな思い出のある「賞品」を、未だに持っている訳だ。

我がレイアウトの写真から

|

「ダービー ライトウェイトがイギリス式踏切を行く」
IMG_6997 (2).JPG

しばらく鉄道模型のブログ記事を載せていなかった。
何にしようかと考えてみたが、思えば、私が作ったレイアウト「Big Four Suzuka」の写真は山ほどある。
そこで、良い写真というか、興味の持てそうな写真を載せてみようかな。

ユーロスターの登場・・かな?

|

P1120659 (2).JPG

写真は、手前のclss350近郊電車と向こう側 ペンドリーノと並ぶ、中央 ユーロスターの図。
フランスやベルギーに向かうユーロスターはロンドンのセントパンクラス駅発着で、ペンドリーノやclass350はロンドン・ユーストン駅に入る路線なので、本来、このように顔を合わすことは無いのだが・・・

スワローエンゼル

|

■P1120632 (2).JPG

先日、KATOからNゲージの「C62 2号機」が発売された。
実車は1948年に製造されたC62型蒸気機関車だが、中でも2号機は有名で、東海道本線の特急牽引機として活躍し、特急「つばめ」や「はと」を牽いていた。
この2号機にはデフレクター(除煙板)に「つばめマーク」が入っていることから「スワローエンゼル」の愛称で呼ばれた。

東海道本線 by Nゲージ

|
〇P1120354 (2).JPG

1950~60年頃の東海道本線の駅をイメージした写真が撮れた。

子供の頃、夏休みになると住んでいた京都から静岡の親戚に毎年行っていて、それが夏休みの楽しみであった。
それは、静岡に向かう列車に乗るところから楽しみの世界が始まる訳で、毎年行くので途中の景色さえ覚えてしまうほどであった。
無論、写真のような特急列車などではなく、EF58の牽く普通列車で行くので、鈍行ゆえに長い時間をかけて乗っており、東海道線の雰囲気を覚えてしまっていた。
子供の頃に受けた印象は何かと強く、鉄道趣味の意識の基にもなっているようだ。

鈴鹿周辺の鉄道 その2

|

〇30亀山駅全景.jpg

関西本線の亀山駅だ。
亀山市は鈴鹿市の西隣にあたる。
亀山駅はJR東海とJR西日本との境界駅になる。
また、JR東海の紀勢本線の起点駅でもある。
写真は、一番左のホームに紀勢本線のキハ25が停まり、中ほどに紫色の顔が少し見えるのがJR西日本のキハ120、右側の2編成はJR東海のモハ313系が停まっている。

鈴鹿周辺の鉄道 その1

|

〇1鈴鹿市駅.jpg

昭和の香りを残す近鉄鈴鹿線の鈴鹿市駅。
さて、私の住む三重県の鈴鹿市は人口20万人の地方都市である。
一見、不便な地域に思えるかも知れないが、意外と鉄道に関しては色々な列車を見ることが出来るので、少し紹介したい。

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちRailwayカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはTravelです。

次のカテゴリはOthersです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

004)Railway: 月別アーカイブ

Powered by Movable Type 4.01