Essay/Column/Diary

Railway: 2012年10月アーカイブ

ビッグ・フォー  その1 

|
□ビック4前から_2.jpg

その昔、好景気に湧いていたイギリスでは、各地で鉄道建設が盛んで、投機対象ともなり、あまりに増え過ぎて300社にもなった鉄道会社を、政府は強制的に4つのグループに分類した。
それがビッグ・フォー(Big Four)と呼ばれ、1923年に始まり1947年まで続いた。それはイギリスの鉄道が最も華やかだった時代である。
そして、鉄道が斜陽となる1948年からは全てが国有化され、つまり国鉄(British Railways)となり、現在は再び分割民営化されている。
上の写真では、その”Big Four”の、それぞれ代表するような機関車を並べたものだ。
全てデジタルコマンドコントロール・サウンド(DCC Sound)仕様で、やっと揃えることが出来たので、模型と共に”Big Four”を振り返ってみたい。

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このアーカイブについて

このページには、2012年10月以降に書かれたブログ記事のうちRailwayカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは004)Railway: 2012年9月です。

次のアーカイブは004)Railway: 2012年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01