Essay/Column/Diary

Railway: 2013年11月アーカイブ

Nゲージ MINITRIX TOPORAMA

|
□初代ビスタカー.jpg

Nゲージのコルクボードレイアウトを手放し、Nゲージからは少し離れていたのであるが、実は車両は編成物でいくつか保存していて、それらの車両を走らせる方法を考えていたのだが、中古模型を扱っているショップ(ホビーランドぽち名古屋店)に立ち寄った際、このドイツ製のMINITRIXのTOPORAMAなる簡易レイアウトベースを見つけ、7,800円という安さもあって購入した。
写真は、そのTOPORAMA上を走る近鉄の初代ビスタカー。
1958年に登場した日本初の二階建て車両で有名だが、その先進的な設計と開発は以降の近鉄車両の近代化の規範となっただけでなく、国鉄や他の私鉄車両の開発にも大きく影響を与えたもので、言わば資料的な意味を感じている。

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このアーカイブについて

このページには、2013年11月以降に書かれたブログ記事のうちRailwayカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは004)Railway: 2013年10月です。

次のアーカイブは004)Railway: 2013年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01