Essay/Column/Diary

2008年1月アーカイブ

アルファ山間の村.jpgのサムネール画像

Mook欄はこれまで
「VEMAC RD180 のテストドライブ」(東京R&Dご協力)のみでしたが、
「アルファGT試乗記」(八光カーグループご協力)がアップしました。
またよろしければ見て下さい。
このアルファGTは、かなりバランスの良い車で、足がとても良く、乗っていて楽しかったですね。
セレスピードと呼ばれるパドルシフトのシフトレスポンスも良くなり、シフトを多用するワインディングの走行ではとても有効で、シフトワークを楽しめました。
でも、写真にあるようなカントリーロードを、景色を楽しみながらゆっくりドライブするのが最も私の好むところです。

カドウェルとヴィーマック

|
◎納屋前トリミング_2.gif

このホームページのタイトルにサーキットを走るスポーツカーの後姿の写真を使っている。見慣れぬ車、何だろう、と思われた方も少なくないのでは、と思う。
あるいは、MOOK欄のVEMAC RD180のテストドライブを読んで頂き、理解された方もいるだろう。

この車は、これまで私が勤めていた東京アールアンドデーが作ったVEMAC(ヴィーマック)RD180という車である。一から設計した全くのオリジナルなスポーツカーであり、エンジンはインテグラの1800ccを搭載(現行はRD200で2000cc搭載)している。
この車の元々の発想はカドウェルという2座席レーシングカーに始まる。

美味い店は何でもうまい

|
うどんうどん なんて以前は料理と思っていなかった。 町のうどん屋と言えば、爺さん婆さんがやってる店で、フラッと立ち寄る印象があったし、より身近なところでは、駅の立ち食いうどんを思い浮かべ、どちらかというと、かき込んで食うもの、というイメージを持っていた。

よろしく

|
coffee.jpgはじめまして、これがこのホームページ最初のコラムになります。 さて、このコラムでは表示方法として、全ての新しいコラムはこのHOMEに載せます。そして内容により「Motorsport」「Automobile」「Travel」「Railway」「Others」のカテゴリーに分類して掲載/保存して行きます。 (まずは最初なので全て入っています) 従って、例えば自動車に興味のある方は「Automobile」を選んで頂くと、クルマ関連のコラムばかりを見ることが出来ますし、他のカテゴリーも同様になります。 と、首尾は上々なのですが、問題は、そんなに色々書くのが追いつくのか、ということになります。多分、無理でしょう。 まあ、誰に束縛されるものでも無く、言わば自由の利く自分のホームページなので、あくまでマイペースで、話をまとめられた段階でコラムに載せよう、という段取りです。 おそらく月に数回の更新になるでしょうから、時々、気にして見て頂ければと思います。 以前に1冊だけですが本を出しており、それも私の専門分野のレースに関係した「実践的フォーミュラレース入門」という本なのですが、実は、それを書くのに3年も費やしており、筆の遅さ、というか、キーボードを叩く遅さには実績があるのです。

因みに“自動車レース関係の者”というと、非常に特種な世界の人と見られがちで、敬遠されるかも知れません。確かに多少は特種な世界ではありますが、しかし一方では、レース界は世の中の縮図のような部分があり、そこに棲む人は、私を含め、本当は、そんなに特種な人間では無いのですよ・・・というあたりもこれから表現してゆければと思います。
そして趣味に関して。特に鉄道関係が好きなんですが、というと、今度は今流行の鉄ちゃん? と思われがちですが、そんなに専門的であったりオタク的なものではなくて、もっと軽く、何と言うか、まるで「コーヒーの香りをゆっくりと愉しむ」ように、鉄道趣味も、そして他の趣味も愉しんでいたいと思っているのです。

駅の持つ雰囲気

|
京都駅駅は昔から好きだ。何故だか解らないが駅の雰囲気が好きだ。

駅とは言っても当然ながら色々な駅があり、それぞれ表情が違う。
東京駅のような、沢山の路線が入り、多くの人が行き交うメインステーションの雰囲気。私鉄沿線の小ぶりな駅では学生の姿がよく似合う。そして、地方の、今も国鉄時代を思い出させるような古い木造の駅。どれもが好ましく感じる。

ドイツのベッドは狭い?

|
HAMM部屋それまでドイツには行く機会が無かったのだが、2002年、ドイツF3選手権に参加している若手ドライバーのレースを見に行くことになり、初めて訪れた。 レースはF1グランプリも開催されるホッケンハイム・サーキットで行われるが、場所的にはフランクフルト空港から南に車で1時間程走ったところにある。 そこには木曜入りで日曜まで3泊するが、ホテルはそのドライバーの所属するチームが予約してくれた。

人相の悪い車が増えてきた

|
人相の悪い車

近年の車のデザインを見ていると、目つきの悪い車がとても多くなり、大口を開けて威嚇するような車も増えてきた。
ここで、目つきとはヘッドライトであり、口はエアインテークを指している。
そもそも、吊り目の元祖はプジョー504だろう。以降、プジョーは吊り目をアイデンティティとしてきた。
時代の流れとして丸目から四角い目に変わった車のヘッドライだが、吊り目にすることで精悍さが表わされるので、多くの車がプジョーの後を追った。

おめでとう、おめでとう

|
次男と大輔松田次生選手、伊藤大輔選手おめでとう。

松田選手はフォーミュラ・ニッポンのチャンピオン獲得。
伊藤選手はスーパーGTのチャンピオン獲得。
日本の2大レースのチャンピオン2人だ。

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このアーカイブについて

このページには、2008年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2008年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト