Essay/Column/Diary

予想的中

|
麻生家_1.jpg

3年半ほど前のこと、この立派な家の前を通った。
場所は福岡県の飯塚市、娘がこの地域の大学に入ることになり、アパートを捜しに行った時のことで、アパートの業者の方が幾つかの物件を車で案内してくれる道すがら、この家の前を通ったのである。
「この大きな屋敷が自民党の麻生さんの家です」と話してくれた。
「へーっ、大きな屋敷ですねー」
と、塀の続く大きなお屋敷にいたく関心したが、その次に、私は娘に言った。
「お前が大学を卒業するまでに、この飯塚から総理大臣が生まれるかもしれないぞ」と。

麻生家_3.JPG

言った手前、その後の総裁選の都度、気になった。
まずは安倍内閣となり、麻生さんは外務大臣に。そして安倍総理が辞めた時には次期候補ナンバーワンだったが、辞めるのを事前に知っていた云々、などというゴチャゴチャもあってか、福田さんが勝利した。
「ああ、こりゃ予想は外れた」と思っていた。しかし周知のとおり、急転直下、福田さんが辞めてしまい、ようやく麻生さんが今回の総裁選で大勝した。


麻生太郎.jpg

予想が当たり「ああ良かった」というだけの話なのだが、娘ももう4年生で来春卒業する、危ないトコだった。
(写真は麻生太郎オフィシャルサイトより)
残念ながら政治に詳しい方ではないので偉そうなことは言えないのだが、以前から新聞やテレビ等で見聞きする限り、麻生さんは党内では実力があり、誠に聡明で、言葉がハッキリしていて気持ちが良い。そして、この写真の表情にも出ているが、何より明るい性格がとても好感を抱かせる。政治屋さん的ではないし、是々非々にモノを言う感じも好ましく、あの時、そんなことから予想をしたのだと思う。
いざ、総理になると全ての評価は悪口ばかりになるのが通例で、これから叩かれて大変だろうが、まずは個人的に予想が当たって良かった良かった。

さて、
とは言え、政権交代は必要だと思うね。あまりにも長過ぎる一党支配が良いハズはない。
会社でも組織変更や人事異動をすることで、会社は活性化し、部門の問題点や時には腐敗を正し、その個人自身も成長するではないか。

ここで、もう一発、調子に乗って、大胆予想でもしてみるか。
「5年以内に岡田政権が誕生する」と。

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2008年11月15日 22:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「嬉しい贈り物」です。

次のブログ記事は「国本君、本当におめでとう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト