Essay/Column/Diary

国本君、本当におめでとう

|
マカオ国本優勝.jpg

F3世界一決定戦とも呼ばれるマカオグランプリで、世界の強豪選手達を相手に、国本京佑選手が優勝を飾った。
マカオグランプリの優勝は日本人では佐藤琢磨選手に続いて2人目であり、日本から、また素晴らしいドライバーが誕生したことになる。
しかも、弱冠19才(マカオ優勝者最年少歴代2位)で、この大きなイベントを制したのである。
素晴らしい。
国本君、本当におめでとう。
(写真は日本F3協会ホームページより)
因みに、このコラムの最下部に今年のマカオグランプリレースの結果を載せたが、各選手の国籍の欄を見て頂くと、いかに世界中の選手が集まったイベントであるか解って頂けるだろう。

マカオF3.jpg

(写真は2003年、マンダリンコーナーで写したもの)
マカオグランプリは毎年11月に開催されるイベントで、1983年より国際格式であるF3によるレースとなった。
F3レースは世界各地で選手権シリーズが開催されているが、その各シリーズの上位選手のみを招聘して行われることからF3世界一決定戦とも呼ばれ、事実、第1回の優勝者はアイルトン・セナであり、その後、よく知るところでは、ミハエルシューマッハやデビット・クルサード、ラルフ・シューマッハ、あるいは前述の佐藤琢磨選手などがいて、つまり、ここで優勝した選手はF1関係者の目に止まることが多い。従って、レースでは世界の若手有力選手達が人生を賭けた戦いを見せることになる。
コースは市街地を4日間だけ閉鎖して行われるので事前の練習は誰も出来ない。そして、コースサイドはエスケープゾーンが無く、ガードレールかコンクリートウオールで、つまり、ミスをすると即クラッシュであり、それは、時にはコースを塞ぐ形にもなるので多重クラッシュに繋がるが、そんなことが毎レース発生する危険極まりないコースでもある。

マカオスタート.jpg

(写真はオートスポーツ誌を撮影、先頭が国本選手である)
国本選手がマカオグランプリで優勝したことは、日本のレース界にとって大きなニュースであり、F3関係者として、とても喜ばしい出来事である。
日本のF3選手権のレベルが世界的にもトップレベルあることを知らしめてくれたし、何より、日本の若手ドライバーのレベルが世界的にもトップクラスにまで上がってきたことを証明してくれたのである。
因みに、昨年も2位に塚越広大選手、3位に大嶋和也選手が入り、このところ日本人選手の活躍はめざましいものがある。
また、国本選手は私がアドバイザーを務めているFCJレースの昨年度のチャンピオンであり、私は彼の運転を肉眼でもデータロガー上でも、よく知っている。
国本君はひと言で言うならば、本当によく頑張る。もともと速いドライバーであるが、車のコントロール能力が素晴らしく高い。
そして、悪い状況に陥った時にも精神的にネガティブにはならず、あの優しい顔から想像出来ぬ強さを発揮して難局を乗り越える力を発揮する。
今年はF3にステップアップした初年度であり、当初はなかなか優勝出来ずに苦労したのではと思うが、4戦目の優勝からリズムを掴み、終盤戦の2勝を含み、最後にはちゃんとシリーズランキング2位まで上がってマカオ参戦の権利を掴んだ。
それにしても、まさかマカオグランプリで優勝するとは思っていなかった。
大したものである。

「最近の若いモンは」という大昔からの常套句を使うとすれば、
それに続く言葉は、
「大したもんだ」
である。

■2008マカオグランプリ結果表
POS DRIVER       国籍   TEAM       ENGINE     TIME/LAPS
 1  国本 京佑      日本  Tom’s Team   Toyota Tom’s  41'01,864
 2  Edoardo Mortara  ITA   Signature Plus   VW-Spiess   41'03,574
 3  Brendon Hartley  NZL  Carlin Motorsport  Mercedes-HWA 41'05,870
 4  Mika Maki      FIN   Signature Plus   VW-Spiess    41'10,306
 5  Renger vd Zande NED  Prema Power   Mercedes-HWA  41'12,140
 6  Laurens Vanthoor BEL  RC Motorsport   VW-Spiess    41'14,839
 7  Oliver Turvey    GBR  Carlin Motorsport Mercedes-HWA 41'14,998
 8  Walter Grubmuller AUT Hitech Racing   Mercedes-HWA  41'16,559
 9  Jules Bianchi   FRA  ART Grand Prix  Mercedes-HWA  41'20,589
10  Jaime Alguersuari ESP Carlin Motorsport Mercedes-HWA  41'22,665
11  Jon Lancaster   GBR  Manor Motorsport Mercedes-HWA 41'22,762
12  James Jakes    GBR ART Grand Prix  Mercedes-HWA  41'23,282
13  Cheng Cong Fu  CHN  Signature Plus   VW-Spiess     41'24,268
14  Max Chilton    GBR  Hitech Racing   Mercedes-HWA  41'24,468
15  Kei Cozzolino   ITA  NOW Motorsport  Toyota Tom’s   41'25,134
16  大嶋 和也     日本  Manor Motorsport Mercedes-HWA  41'25,794
17  Daniel Campos-Hull ESP HBR Motorsport Mercedes-HWA  41'26,861
18  Atte Mustonen   FIN  Raikkonen-R R   Mercedes-HWA  41'35,608
19  Nicola de Marco  ITA  RC Motorsport   VW-Spiess     41'48,391
20  Michael Ho     MAC  Raikkonen-R R  Mercedes-HWA  41'53,603
  Not Classified (非完走)
    Stefano Coletti   ITA  Prema Powerteam  Mercedes-HWA
    Basil Shaaban   LEB  HBR Motorsport   Mercedes-HWA
    Carlo van Dam  NED  Tom’s Team    Toyota Tom’s
    Roberto Merhi   ESP  Hitech Racing    Mercedes-HWA
    松下 昌揮     日本  PTRS by Ombra  Honda-Mugen NB
    James Winslow  GBR  Ombra Racing   Honda-Mugen NB
    嵯峨宏紀      日本 Le Beausset Motorsports Toyota Tom’s
    Marcus Ericsson SWE  Carlin Motorsport  Mercedes-HWA
    Roberto Streit   BRA  Raikkonen-R R   Mercedes-HWA
    Sam Bird      GBR  Manor Motorsport  Mercedes-HWA


Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2008年11月21日 11:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「予想的中」です。

次のブログ記事は「・500・300・700」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト