Essay/Column/Diary

2009年1月アーカイブ

ホームページをスタートして1年

|
1周年タイトル描画フチドリ_3.jpg

そうだった。私のホームページもスタートして1年が経っていた。
このコラムも何とか年間続けて書けたのか。
実は、これまでに何度か月刊誌のコラムに連載を書いた経験があることはある。
しかし、どれもが1年の終わり頃には書くことに疲れてしまい、1年で終了していた。
ま、このコラム(ブログ)では、好きなことを好き勝手に書いているので、これからも続けて行けそうな気がしているので、興味のある方は、これからもよろしくご覧下さい。

東京オートサロン

|
クリスタルベンツ.jpg

先週、“東京オートサロン”に、あるセレモニーに出席するために行ってきた。
“東京オートサロン”は国内最大のカスタムカーショーである。
場所は“東京モーターショー”の行われることでも有名な「幕張メッセ」で開催される。
写真の車はボディー全体をクリスタルガラス(スワロフスキー)で装飾されたメルセデス・ベンツSL600。異様なまでに美しくキラキラ輝いていた。

実は、“東京オートサロン”とは付き合いが古いことになる。
当初は“東京エキサイティングカーショー”として1983年に始まり、晴海の会場で開催されていた。

Oナロー on 炬燵

|
全景_2.jpg

今、まさに炬燵のシーズンだ。炬燵は日本の素晴らしい文化で頭寒足熱、入ったら抜けられない気持ちの良さは何物にも代え難い。
で、その炬燵の上でも、お茶菓子替わりに大きな鉄道模型を走らせてしまおう、という訳。
これは英国バックマン社の作るOゲージのナロー(狭軌)仕様モデル。
縮尺は1/48の大きさで、1/80の16番ゲージ、1/150のNゲージと比較するとかなり大きくて存在感がある。
そして、これまでに日本型やヨーロッパ型を紹介してきたが、今度はアメリカ型になる。

神社仏閣とレーシングカー 完結編

|
□八坂さん.jpg

京都では「八坂さん」と親しみを込めて呼ばれ、初詣や枝垂れ桜で有名な八坂神社であるが、写真は、その八坂神社から見た四条通り/京都の街並みである。
さて、タイトルの「神社仏閣とレーシングカー」は、このコラムに昨年6月に書いたもので、神社仏閣に代表される京都に、最新の技術で競争するレーシングカーコンストラクター(レーシングカー製造会社)がいくつも生まれていることを書いたものだが、文中、最後部を下記の文章で終わった。
“たまたま、レーシングカーを作る会社の多くが京都だったのか、あるいは京都の土地柄か何かが作用しているのか。
果たして神社仏閣とレーシングカーに繋がりはあるのだろうか?
と言いつつ、実は、自身では答えを持っているつもりなのだが・・・
その話しは、またいつか。” と。
その“またいつか”のままでは締まりがないので、その答えを話そうと思う。

あけましておめでとうございます

|
賀正日の出千代崎海岸.jpg

        あけましておめでとうございます。
        本年もよろしくお願いします。

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このアーカイブについて

このページには、2009年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年12月です。

次のアーカイブは2009年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト