Essay/Column/Diary

久々に、美味いもの

|
お寿司_JPEGトリミング.jpg

ある方から、「最近、ブログに美味いもののことが書かれていませんね」と言われた。
一寸、嬉しかった。
というのも、アクセス解析で毎月、各コラムのアクセス数を把握する中では、食べ物のコラムへのアクセス数は少なく、つまり人気が低かったので、ついつい筆が進まない・・・じゃなくって、キーを叩かなかったのだが、こうして、興味を示して頂いていた方が居ることを忘れていた。
そうだ、このコラムは商売で書いているのでも何でもなく、好きなことを気ままに書きたくてやってるのであり、アクセス数などに左右されてはいけないと、改めて思った次第。
という訳で久々の美味いものだ。

紀勢道JPEG_2.jpg

三重県は南北に長い県だ。
鈴鹿に住んで30年余りになるが、まだ南の方には行ったことが無かった。
今年2月に伊勢自動車道の勢和多気JCTで別れて南に向かう紀勢道が紀勢大内山ICまで延びて、熊野方面が少し近くなった。それに、どこまで行っても今は1000円なので、ドライブしてみることにした。
まずは、尾鷲に向かったが、意外と早く着いたので駅に行ってみる。
大体、駅には案内があるだろうと思ったからだが、ところが何も無く、駅前広場にある昔の尾鷲の地域図を見ていると、タクシーの運転士さんが話しかけてくれた。
どうも、観光としては熊野古道を歩くことしか無さそうで、それより、食事の出来るところを聞くと、10分ほど走ったところに海洋深層水の温泉があり、そこでバーベキューが食べられると教えてくれた。
尾鷲に来てバーベキューも無いのだが、温泉という言葉に惹かれて、帰りに寄れるかも知れないので、下見をしておくことにした。
「夢古道の湯」という、まだ新しい施設だった。
物産品の売店と郷土料理のレストラン、そしてお風呂があるもので、少々情報が違っていたのは、温泉ではなく海洋深層水を沸かしたお風呂であることと、食事はバーベキューではなく地産の野菜を主体としたバイキングだった。
運転士さん間違ったんだ、バーベキューとバイキング。
ただ、食べたいのは魚であり、まだお昼までには時間あるので、海べりを南下することにした。
その海岸線を走る国道311号線のルートは尾鷲出身の友人から出発前に教えてもらったもので、綺麗な海の景色を見て走れるとのことだった。
しかし、走るにしたがい昼が近づいてくるし、頭は景色よりも食事を求め始めている。
かなり走ったが、食堂も鮨屋もレストランも無い。
カーナビだ。
んー? もうすでに尾鷲に戻るより熊野の方が近いところまで来ている。
きっと熊野の方が町も大きいだろうし、食べるところもあるはずだ。
ということで、熊野まで足を伸ばすことにした。
やはり、まずは駅に向かった。ところが、ここでも案内も地図も無い。
(おーいJR東海、しっかりしろよ! 尾鷲も熊野市も特急南紀の止まる駅ではないか、しかも、今、観光で売り出している所だと言うのに、駅を降りた顧客は迷うばかりではないか)
そこで、売店のオバチャンに魚の食べられる店を聞くと、駅から50mほどのところにあるお寿司屋さんを教えてくれた。

寿司屋看板JPE.jpg

店に入ると生け簀が池のように作られ、小橋を架けたりした作りの店で、これまで店を捜してきた身にはオアシスに出会ったようだ。
私と家内で、刺身定食と寿司を頼み、どれも美味かったのだが、特に冒頭の写真にある、お寿司が絶品で、こんなに美味い寿司は食べたことがない。
ネタがとても分厚くて食べ応えがあり、新鮮なので身が締まっていて、そして脂の甘味が何とも美味いのである。
それは、どのネタを食べても同様に美味く、寿司って、こんなに美味いものだったかな、と改めて思わされた。
全く気取ってはいないのだが、寿司用の醤油は熊野ヒノキの醤油小皿に、別に刺身用、そして名物のさんま寿司(これも食べてしまった)用の醤油と、ちゃんと使い分けて出してくれるし、お茶もウエルカムドリンクとしての麦茶と、お寿司用の緑茶を分けて出してくれるなど、さりげない気の利きようも気持ちの良いものだった。

これまでの寿司は何だったのだろう、と思ったが、
そういえば最近、殆ど寿司は廻ってくるものになっていた・・・な。

下の写真は熊野駅からも近い、有名な獅子岩。一応・・・見たぞ。
それと、帰路に尾鷲で海洋深層水のお風呂にも入ったが、柔らかくて、いいお湯だった。
獅子岩JPEG.jpg

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2009年6月19日 14:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「GMの破綻と鉄道」です。

次のブログ記事は「便利グッズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト