Essay/Column/Diary

デフレはレースの世界にも?

|
VITA_1.JPG

新車の発表は人目を惹くものだ。
とは言っても、これはレーシングカーの発表の話。
まさに今日、お披露目された新型のレーシングカーで、多くのアマチュアドライバーが次々と見に来ていた。

VITA_0.JPG

この車、ウエストレーシングカーズ㈱が製作した VITA-01という車で、新企画のカテゴリーであり来年から鈴鹿クラブマンレースに登場する。
車の概略を説明すると、シャシーは鉄パイプを主体としたセミモノコックフレーム、グラマラスなデザインのボディはグラスファイバー製、当然4輪ディスク(ベンチレーティッド)ブレーキで、エンジンは1500cc、110PSでトヨタ・ヴィッツRSのエンジン/ミッション(5MT)をチューニングすることなくノーマルのまま積む。
車重約500kgとのことだが、レーシングカーの新車の常でこの1号車は重く、今後はより軽くなるとの由。ま、細かいことはいいが、これでも馬力当り重量は4.5kg/psしかなく、充分な高加速が得られる。
ワンメイク(単一機種)カテゴリーの良さで、競合する車が無いので車の作りに自由度があり、この車では安全性を採り入れるべく前後にバンパーを配し、サイドインパクトに対してもアルミハニカムパネルで防護している。

VITA_W.JPG

また、ボディ形状も空力的に攻め切るというよりも、一寸昔の、好ましい感じのデザインを取り入れている。ことのついでにインテークの口のデザインが社名のウエストのW形という、遊び心も憎いというか、社長の趣味が見え隠れする。

何より、この車に多くの人が興味を示したのは、その価格だと思う。
このレーシンクカーが2,652,500円(消費税込み、ホイール、タイヤレス)という超破格値であるから。
この車で、この価格は安い。
私もレーシングカーを作ってきた身であり、この価格はよくぞ出来たものと関心する。

レーシングカーの良さはサーキットを走るにあたり、当然ながら、それ用に作った車だから全く改造費はかからないし、過酷なサーキット走行であってもトラブル等の心配もいらない。ガソリンだけ入れてやれば何の不安もなく走り続けられるし、車重が軽いのでタイヤの減りも少なく、実はランニングコストも非常に低く抑えられるのである。

今の世の中、デフレにあるというが、そうした状況を読んでのことか、言わば手造りであり、開発費のかさむレーシングカーをも廉価に作り出し、市販に漕ぎつけた努力は大したものと言える。

VITA_2.JPG

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2009年12月11日 22:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「駅の表情」です。

次のブログ記事は「動力の方向性が見えてきた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト