Essay/Column/Diary

シーズン開幕

|
桜_2.jpg

私の関係するFCJのレースが富士スピードウェイで開幕した。
富士はまだ寒く、鈴鹿ではすっかり葉桜となった桜も、まさに満開で、スピードウェイへの道すがら、あちこちに美しい景色が見られた。

初戦にあたって、ガイダンスや練習走行の為に火曜日から週末のレースまでのスケジュールとなるので、月曜入りで、つまり、まる1週間を御殿場で過ごした。
そんな折、火曜日の午後に空き時間が出来たのでトムス・デザインセンターを訪問させて頂いた。
それは、以前フェラーリ博物館だった場所の一角を購入されたもので、フェラーリ博物館には行ったことがあり、あの綺麗な所にトムスが、と思うと、是非とも訪問したかったのである。
未だ内部は整備途中の、広いデザインセンターの中を案内して頂き、あれこれ感心したのだが、その後、隣接するレストランにお茶を飲みに行った。

ベランダとトムス補正_2.jpg

隣接とは言っても、ヘリポートまである広い庭の先にある素晴らしく綺麗なレストランで、広いベランダが印象的だが、このような広々とした景色の中に居ると、日本ではないような錯覚すら覚え、普段の生活とは別世界のものを感じる。
ついつい興が入り、すっかり夕暮れまで話し込んでしまった。
写真は、そのレストランからで、向こうの建物がトムス・デザインセンターになる。


長い1週間を終え、帰路の富士スピートウェイ近辺。あいにく土曜日の大雨で桜の花もかなり散ってしまったが、それでも、こんになに綺麗な風景が見られた。
肝心の富士山は正面の雲に隠れてしまい、雲の右に裾野の傾斜が見えるのみ。

富士SW近辺農家_2.jpg

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2011年4月28日 15:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Railwayタイトルのレイアウト 近況」です。

次のブログ記事は「鯉のぼり」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト