Essay/Column/Diary

富士川SA

|
釜揚げしらす丼.jpg

間もなく高速道路の休日割引が終了する。始まった当初は各地のサービスエリアが紹介され、名産品や、おいしいものが紹介されたりしたが、もはや今は昔の感がある。
それはともかく実際の話、正直言って高速道路のサービスエリア(SA)の食事にはガッカリするところが多い。
そうした中で、私が立ち寄るのを楽しみにしているのが東名高速の上り線、富士川SAである。
それは、写真の「釜揚げしらす丼」を食べるのが楽しみだからで、写真のように惜しげもなくタップリと”しらす”が乗っている。

富士川楽座.jpg

富士川SAは下り線側と上り線側では大きく趣が異なる。
下り線側はいつも賑わっている感があり、言わば人気のSAなのだが、しかしレストランの味はごく普通のSAの食事そのもの。
一方、上り線側は何故か閑散としがちだが、私の目指す店は、その上り線の一番奥の建物の中にある。そう、手前の左手にある休憩所/売店のところではなく、真っ直ぐ突き当たったところに上の写真の建物があるので、ややもすると気が付かない。

店入口.JPG

そして、建物に入ってすぐにエスカレーターで上の階に上がった「駿河路」という店で、写真が入口になる。
まるで、その店の宣伝のようになってしまうが、こうして丁寧に説明するのは、下の階にも同様の店があって間違いやすい為で、しかも同様の「釜揚げしらす丼」のメニューがあるからだ。
私の感じるところ両者の味のレベルはかなり違う。

釜揚げしらす丼UP.jpg

その駿河路の「釜揚げしらす丼」は、前述のように、ごはんの上にタップリと釜揚げのしらすを乗せてあり(既に出汁醤油がかかっている)、彩りで桜海老をあしらっている。
他と違うのは、このしらすが、ふっくらと柔らかく、味と食感が良い。そして丼らしくガバッと食べるのが心地良い。

刺身アップ.jpg

しらす丼だけでは物足りない場合、いや違うな、本来この店の本筋のメニューだが、鮪の丼や刺身がとてもおいしい。
身のしまり具合や、脂の乗りがとても良いと思っていたが、やはり焼津から仕入れているとのことである。

ということで、すっかり食べ物だけの話になってしまったが、何と言っても富士川SAの魅力は富士山を間近に見られることだ。
私の場合、夕食に合わせる場合が多いので暗くなってしまうのだが、明るい時間で、しかも晴れた日に訪れると富士川越しに美しい富士山を見ることが出来、とても素晴らしいSAである。

富士山とSA看板.jpg

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2011年6月16日 18:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「雨ニモマケズ、走った走ったアバルトで」です。

次のブログ記事は「ヒット企画 カート耐久レース」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト