Essay/Column/Diary

舞台裏

|
表彰台裏.jpg

舞台裏と言うほどの内容では無いが、前回の富士スピードウェイでのF3レース時の、レース以外の出来事を、かいつまんでご紹介したい。
因みに写真はF3レースの表彰台の裏側、まさに舞台裏ではある。

下に無造作に置かれたモニターには、表で表彰している映像が写り、この次のプレゼンターの女性2名が出待ちをしている状況。このレースでは特別に、セブパシフィック賞として、ウィナーに対し、セブパシフィック航空の関西空港~マニラ間のペア往復航空券が授与されることになり、贈呈に来ていただいていた。

懇親会.jpg

次は、サッカー少年企画の話。
正確には「F3ドライバー」×「JFAアカデミーU-13生徒」異種スポーツ対談・交流会、というもので、このJFAアカデミーとは、世界トップ10を目指した中高一貫教育で、6年間寮生活をおくるという強力なもので、実は、そのベースが福島であった為、震災に伴う原発事故の影響により静岡県での活動を余儀なくされていた。

リフティング.jpg

そこで富士スピードウェイが今回のレースに招待して、モータースポーツとサッカーという異種スポーツながら、トップカテゴリーを目指す先輩として、F3ドライバーからJFA生徒へ夢を実現する想い、経験談など質疑応答を交えて交流し、少年達に夢と希望のメッセージを発信しよう、というものだった。
上の写真はF3ドライバー3名が前に座り、経験談を話している姿。下の写真はJFA生徒が披露した見事なリフティング。
また、この3名のF3ドライバーが案内して、フォーミュラ・ニッポンのスターティンググリッドを見て回った。
という、なかなかのこともやっております。

最後は飯だ。
御殿場には色々おいしい店があり、どこも量的に多いのが特徴だが、その中でも「参ったか」と言わんばかりのボリュームの海鮮料理の店がある。
もう、有名なので名称をあげても良いだろう、「魚啓」というお店で、ネットで検索して頂ければ良い。
写真が魚啓名物の海鮮丼。(値段は確か1,600円程度)
味噌汁のお椀が馬鹿でかいので大きさを間違いそうだが、後ろの湯飲みと比べれば丼の大きさがお分かり頂けよう。
いや、何より具の多さだ。
マグロ、ウニ、いわし、イクラ、サバ、サンマ、海老、いか、たこ、生しらす、ホタテ、等々、20種類以上の海鮮が乗っている。
最初に私を案内してくれた現役バリバリのGTドライバーも「食べ過ぎて気持ち悪くなりますよ」と言いながら店に向かったほど。

で、今回は、ちゃんと胃薬を準備して挑んだのである。

魚啓海鮮丼.jpg

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2011年7月31日 11:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エポックメーキングな新製品」です。

次のブログ記事は「富山湾の宝石」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト