Essay/Column/Diary

ここは何処? もちろんそれは

|
◎安田大サーカス.jpg

このお笑い芸人のグループは?
そう、これは安田大サーカスで、よく見ると判るが人形である。
実に良く出来ていて、一瞬、本人達が居るのかと思った。
それと、もうひとつ、よく見て頂くと判るが、赤いテントの後ろには右上方向に鉄製の構造物が伸びている。
それは通天閣の足の部分であり、ここは大阪、それも通天閣の真下である。

大阪には、以前は毎月仕事で出掛けていたが、この新世界界隈には来る機会が無く、日本橋に買い物に訪れた折に足を伸ばしてみた。
大阪も北と南で雰囲気が異なる。その一方で、近年どこも整備されて綺麗になり、良いことだけど、昔の雰囲気を味わえる場所は消えつつある。
ここ、新世界も以前よりは綺麗になっているが、しかし、今だに昔の大阪を感じさせてくれる、というか、ベタベタの大阪が感じられる所である。

◎新世界通り.jpg

新世界界隈の賑わいと金ピカのビリケンさん。
勿論、模造品だが、本物は通天閣にあり「幸運の神」の像として、足を掻いてあげるとご利益がある由。

◎串カツ.jpg


新世界とくれば串カツ。キャベツは最初に出てくる「お通し」
串カツは非常に沢山の種類があるので、つい次々と注文してしまう。
左上にあるのはソースで、二度づけ禁止は有名なマナー。

◎店内から.jpg

店内から店の前の通りを臨む。
扉の無い、ちょっと狭い店内。この感じが何とも居心地が良くて、この雰囲気こそが串カツを味わう環境とも言えよう。

時には、こうした雰囲気に浸るのも、また良いもの。
「えーと次は、椎茸とアスパラのベーコン巻と・・・そうやな、うずらの卵を頼んます」
私は京都出身、ネイティブな関西弁で注文をした。

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2011年10月 6日 18:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「復旧 おめでとうございます」です。

次のブログ記事は「続 マンガ その1 線路施設完了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト