Essay/Column/Diary

無利益の価値

|
PCホームページ画面.jpg

このホームページをスタートして5年目になる。
以前は時折、何の為にブログを書くのか、と自問することもあった。
実は、当初は打算的な意味も持ち合わせていて、まだ殆ど普及もしていなかった電子書籍を書き、このホームページを利用して売ってみたい、という意識があった。
しかし、そうした利益を得ようとする意識は消えて行き、今は無利益であることに、むしろ価値を感じている。

良く使われる言葉に「その物事の出口は何なのだ?」と最終目的を問うことがある。
一見、中立な意見、社会的な物事、であっても最終的に実は利益が得られる、というような。
一般的には、そうしたことが賢い、ともされていよう。
個人的になるが、自身では従来より、公正、中立なものを重視してきたと思っている。それでも、今から思うと「出口」そして「利益」を、どこかに意識していた部分もあった。
しかし今、歳をとり、子育ても終わり、年金を受け取り、最低限の生活が得られる状態になり、本当にギリギリ最低限だけど・・・
そんな背景があるからではあるが、、「出口」や「利益」を意識することなく、物事にあたれるようになってきているようだ。

ブログ作成画面.JPG

それで、ホームページの話だ。
で、何故、ブログを書くのか?
こまごまと考えると、色々な理由を付けられるけど、
まあ ”書きたいから” だろうな。
例えば、画家が収入だけを目指して絵を描いているのか、というと、
過去の有名な画家でも、生前には殆ど絵は売れていなかった、ということも多い。つまり、彼等は”描きたかった”のだろうな、と思う。
あんなに崇高な、芸術とは比べようも無いし、また、作家やライターのような文章はとても書けないけれど、
何かを書く、そして発信する、というのは自然な欲望なのかなと思う。
そしてブログは、そこに「利益」が無いからこそ、素直にキーを叩ける。
言わばそうした無欲な状態が、物事に対しても素直に取り組めるようになり、色々な意見を述べる時も、よりニュートラルな立ち位置から見られるようになった、ようにも感じるのだが。

いや、単に歳をとった、というだけの話ですけどね。

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2012年4月 2日 11:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「HORNBYとBACHMANN その3」です。

次のブログ記事は「春のち冬」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト