Essay/Column/Diary

HNモジュール運転会から

|
○五輪マークとA4.jpg

先日、HNモジュール運転会が開催され、参加してきた。
その中から、いくつかを紹介したい。
まず最初は、私のモジュールへの入口。唯一のイギリス型モジュールであり、時節柄ロンドン・オリンピックに合わせて、入口となる道路橋には五輪マークをシャレで配した。

□モジュール接続_2.jpg

私のモジュールへの接続を見ると、手前から
・雪景色の能登をイメージした「入江のモジュール」
続いて
・ドイツのトラムの走る街並み「トラム・ストリート」
そして前述の道路橋から先が私のモジュール
・イギリスの「エッジウェア駅」で終着駅となる
というように、HNモジュールは線路の接続部のみ規格があり、他は自由なので、各自、好きな景色を作って持ち寄るのである。
日本→ドイツ→イギリスと、目まぐるしく景色が変わるのだが、意外と違和感が無いのも不思議で、車両も同様に各国の列車が走り、ここでは軌道敷の街並をドイツの大型機関車DB10が走る。

□ベルリン跳橋.jpg

これは「ベルリンのモジュール」
よくドイツに行かれる方が制作されたもので、上の鉄橋と列車の止まっている駅が本線で他のモジュールと接続する線路。その下をトラムがグルグル回るが、トラムの線路には跳ね橋がある。なるほど、これで船が出入り出来る訳だ。因みに、右端にチラリと見える壁は“ベルリンの壁”とのこと。

□スイスブルック駅.jpg

続いてHNモジュールの中心的な駅、スイスの駅をイメージした「ブルック駅」モジュール。この駅を中心に線路は4方向に別れる。ダイヤ運転時の電気的コントロールは大変で、事前に配布されるダイヤに合わせて、ポイントや電気接続の操作シートを作ってコントロールされる。
また、模型自体が素晴らしく良く出来ていて各部の照明も美しく、毎回グレードアップされ完成度が高まる。

□金箔作り.jpg

新しく作られたモジュールの純日本型モジュール。写真では判りづらい駅前の神社の屋根の金箔が美しく光る。
実は、このモジュールはリバース線のモジュールで、手前に来ている線路はグルッと回って神社の裏を通り、トンネルに入り、その向こうにある駅で線路は一緒になり、列車は逆転する、という大きなモジュール。

□無線LANコントロール.jpg

別のドイツの街並「軌道敷のあるモジュール」をDCCコントロールのレールカーが走る。実は後ろのi-phoneを持たれている方が運転している。
その方法はメルクリンのコントローラーCS2を主体として、無線ランを飛ばしてi-phoneあるいはi-padでコントロールするという、私には理解できないシステムがHNモジュールに採用された。
i-padで運転をさせて頂いたが、車両について行けるので、こうした広い場所での運転にはとても便利である。

■ターンテーブルとトラバーサー.jpg

こちらも、とても雰囲気があり素晴らしい出来映えの「ターンテーブル」のモジュールと、向こう側は「トラバーサー」のモジュール。
路線の最後に、このふたつがあれば”鬼に金棒”だ。終着としてトラバーサー上で機関車を離し、ターンテーブルで方向転換後、空いた線路で機回しも出来るし、ヤード(留置線)としても沢山留置出来、このトラバーサー上に色々な車両を準備し、ここから入れ替わり立ち替わり列車が出発して行く。

■KATO EF65.jpg

話題のKATOのEF510。廉価で急カーブに対応しディテールも良く、言わば国際標準規格ともいえる国産モデルの登場。
この細密なモジュールは加悦鉄道の雰囲気の「加悦桃駅」のモジュール。
既に廃線になった鉄道の景色にJR最新型の電気機関車が停まっている、というのも模型の世界ならではのこと。

□A4とスポート.jpg

最後に私の持ち込んだ車両など。
この実に美しい塗装の機関車はイギリスはLNERのA4 Class、といっても解りにくいので、蒸気機関車の世界最高速203km/hを記録したマラード号と、ほぼ同じ機関車。
機関車の横、プラットホーム上には給水スポート。イギリスでは駅に停車中に給水をしていたようだ。
そして、道路上にはモーリス・マイナーのオープンカー(幌付き)だ。
因みに舗装の色だが、以前イギリスでは、こんな茶色の舗装をよく見かけたので採用したが、今回のオリンピックでマラソンや競歩の映像で気づかれた方もいるかも知れないが、バッキンガム宮殿の付近は、今もこの色の舗装がされている。

さて、気の合う仲間と居酒屋に行くのは、とても楽しいことだ。
同様に、趣味の合う人達と運転会で同じ時間を過ごすのも、とても楽しい。

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2012年8月10日 00:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「メンタルトレーニング」です。

次のブログ記事は「愉しみなランチ その2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト