Essay/Column/Diary

この車は何?

|
○セアトパラドール.jpg

古風な雰囲気の中に停まる真っ白な車に、ついシャッターを押したものだ。
さて、この車は何という車?
因みに、場所はアルハンブラ宮殿の敷地内である。

※前コラムの「コルドバ」更新しています

先日、スペイン旅行に行った折りに写したものだ。
それにしても美しいデザインだ。灰汁の無い、バランスの良い明朗なスタイルはとても好感が持てる。そんなおとなしいデザインなのに、こんな歴史的な雰囲気にも溶け込んでしまう。
ということで、車はスペインの自動車メーカー・セアト(SEAT)社の「NUEVO SEAT IBIZA」という車だ、読みにくいけど。
最近の日本車は押し出しが強く、灰汁のあるデザインの車が増えてしまったが、こうしたデザインを見ると、久々に車の美しさを見た感じがして、とても気持ち良かった。

○SEAT 空港展示.jpg

こちらはバルセロナ空港に展示してあったセアトの「NUEVO SEAT TOLEDO」
「トレド」は有名な街だし、先の「イビサ」はスペインのイビサ島だろうし、またWTCCで活躍する「レオン」もスペインのレオン県、というように、セアト社では車名にスペインの地名をつけている。
でも、この車になると、かなり普通っぽいデザインで残念。

○マドリッド湖交差点で.jpg

マドリードの横断歩道で。
ベンツ、ヴィッツ、ボルボ、セアト、ランチア、プジョー、様々な車が走る。
景色が好きだし、建物も興味があるし、まして車には自動的に興味を持ってしまう。
こうして海外に居ると外を見ていて飽きることがない。

○SEATタクシー.jpg

バルセロナでは滞在中に何度かセアトのタクシーに乗った。
「スペインの車ですね」とカタコトの英語で運転士さんに言うと、
「ドイツ製だよ、VWグループだから。スペインじゃ良い車は出来ないよ」と相手もカタコトの英語で謙遜してみせた。

○プリウスバルセロナ.jpg

タクシーはセアトの他に、ランチアも多かったし、プリウスも目立っていた。
いや、目立つというよりもバルセロナに溶け込んでいる、という方が適当かも知れない。
また、前述のマドリードやセビリアでもタクシーによく使われていた。(下の写真)
ヨーロッパでは軽油の価格が高く、ガソリンと同等もしくは高いくらいのようで、やはりプリウスの低燃費性能は貴重なのだろう。
それに、車がしっかり出来ている評価はきっと高いことだろうし、やはり、海外で日本車を見ると「頑張れよ」と思ってしまうね。

○セアトとプリウス.jpg


Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2012年11月24日 17:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コルドバ  更新版」です。

次のブログ記事は「タパス料理」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト