Essay/Column/Diary

初詣

|
平安神宮.jpg

例年、初詣は決まって鈴鹿の山裾にある椿神社にお参りに行くのだが、今年は足を延ばして京都に行くことにした。
京都で初詣というと、八坂神社や伏見稲荷が代表的なところで、それに八幡の石清水八幡宮がある。
平安神宮は、あまり京都の人が初詣に行く印象は無いが、故に、混雑を避けられるのでは、との思いで、久々に平安神宮に向かうことにした。

9時頃に着いたと思うが、狙い通りに混雑は全くなく、また久々に見る平安神宮は朱色の柱と緑の屋根瓦が誠に美しく(写真をクリックして拡大して頂くとご理解頂けると思う)、一般的な神社仏閣には無い、その艶やかさに心を打たれた。
新年を迎えた気持ちまで明るくなる。
因みに、おみくじを引くと、見事に「大吉」!
今年はいい年になりそうだ。

池.jpg

平安神宮には立派なお庭がある。
これを見ずには帰れまい。
素晴らしく手入れの行き届いたお庭を見て回るが、最後は池に出る。
氷の張った池越しに見る景色も独特だし、日本庭園の見事さを感じずには居られない。

八坂神社_2.jpg

平安神宮を出てからは、錦市場に向かったが、途中、八坂神社の前を通ってみた。
流石に凄い人出で、八坂神社から西に伸びる四条通りも賀茂川に架かる四条大橋あたりまでは人で一杯。
いかにも正月だなぁと、その混雑ぶりにも風情を感じてしまう。

まぁ、でも我が家は平安神宮で正解だったかな。

あ、それと、我が家の京都コースとしては、錦市場を散策して、その後、堺町三条のイノダコーヒ(コーヒーではない)で一休みするのがお決まりで、
いやー、歩き疲れた時の珈琲は味わいも深くなりますねぇ。

イノダマグカップ.jpg

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2013年1月 7日 18:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新年おめでとうございます」です。

次のブログ記事は「アントニ・ガウディ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト