Essay/Column/Diary

お漬物

|
○漬物.jpg

「お漬物です、お代わりも自由です」
と言って、熱いお茶と漬物を出してくれた。
一人で名古屋に買い物に出た時の事、昼時に入った店でランチを注文すると、まず最初に、それらが出てきた。
漬物のサービスか、まぁ、お代わりはしないだろうけど、何かいい感じだな。と思いつつ、お茶をすすり、箸をとった。

そう言えば、韓国では店に入ると種々のキムチが最初にテーブルに出され、無料サービスで食べられるが、言わば、それとに同じだな。
またメキシコ料理なら、最初のつまみにナチョスが出てきたりもするが、でも、漬物はそうした粉ものと違い、日本人には親近感というか、安心感すら感じてしまうよな。

○JR名古屋駅.jpg

この店は、名古屋駅の殆ど真正面で、高層のトヨタビルの奥の商業ビルにある。
名古屋は地下街が昔から発達したところだし、また名古屋駅がツインタワーになってからは、タワーズも人の足が向かうようになった。よって、食事もそうしたところで摂ることが一般的なのだが、どうも歳をとると、例え昼飯でも少し落ち着けるところを欲するようになり、件の店に行きついたという訳だ。
この店が洒落ているのは、純和風の造りなのに店内には静かなジャズが流れていて、少し暗めの店内と相まって、都会の喧騒を離れて、とても落ち着いた気持ちになれる。

電車で来ると有難いことにビールが飲める。
お漬物でビールを飲んでいると「もう、これだけでいいか」とさえ思ってしまう。
勿論、そんなことは無いけど・・・

などと思っていると、洒落たお盆に海鮮丼が運ばれてきた。

○海鮮丼_2.jpg

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2013年2月 4日 22:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「買わねばならない製品」です。

次のブログ記事は「大改造 Now !」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト