Essay/Column/Diary

ウオーキング

|
□四季の道.jpg

殆ど他の運動はしていないが、ウオーキングだけは続けている。
どこの町にも整備の行き届いた綺麗なところはあると思うが、私の住む鈴鹿にも、有難いことに写真のような綺麗な遊歩道があり、ほぼ毎日、ここを歩いている。

この道は「四季の道」と言い、四季折々の樹木が植えられている。
桜のトンネルはもう消えてしまい、真っ白に弧を描くユキヤナギも散ってしまったが、今はツツジが咲き始め、アカメの紅い葉っぱが鮮やかになりつつある。

□藤棚.jpg

そして、今まさに藤の花が満開で、溢れんばかりに咲いている。
途中3カ所ある藤棚では、薄紫の花から香りが、そう、藤の花から甘い匂いを出すことを今年初めて知った。

□神戸公園_S1.jpg

この「四季の道」の一方の終点は、そのまま「神戸(城)公園」に繋がっている。
織田信長の三男、信孝の城で、小さな城跡に今は天守閣も無いが、私には興味も無く、歩かせて頂ければ良い。
この城の中の公園の道を一周して「四季の道」を引き返す。

というルートで、時間にすると30分強、連日歩くので無理をしないようにしている。
過去、スポーツクラブに通ったこともあるが続かない。マシントレーニングやスイミング、そしてサウナに入ると大変気持ち良いものだが、何かをきっかけに行かなくなってしまう。

□ツツジ.jpg

しかし、このウオーキングだけは続いている。
その理由を考えると、まずは運動の必要性を感じているからではあるが、一方で、この「四季の道」のおかげだとも思える。
それは、道の周りに植えられた木々や草花に接し、毎日、自然の美しさを感じられるからでもある。
花は綺麗だ、しかし緑の濃淡、陰影だけでも充分に目を愉しませてくれる。
そう、自然の景色は全く飽きることがない。

いつも思う、自然には敵わないなと。

□緑.jpg

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2013年4月29日 22:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フランク・ロイド・ライト」です。

次のブログ記事は「新レイアウトの製作 その3 動くレイアウト   更新版」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト