Essay/Column/Diary

鈴鹿市で初めての上場

|
2013三重北パーティ_トリミング.jpg

全く意外に思ったけれど、鈴鹿市に本社がある企業として初めての上場(大阪証券取引所JASDAQ市場)があり、そのパーティにご招待を受けた。
鈴鹿サーキットのパーティ会場には300人を越える列席者が集まり、三重県知事、鈴鹿市長をはじめ錚々たる方々が祝辞を述べる盛大な上場記念パーティだった。

因みに意外に思った、というのは、鈴鹿市には実体として大きな企業が多く存在するからで、本田技研をはじめ、富士ゼロックス、アサヒ化成、住友電装、AGFその他、殆どは誘致企業と思われるが、大手企業の工場があり、そして、それらの下請け会社が沢山あるので、上場している会社もあるのだろう、と勝手に思っていたからである。

それはともかく、今回上場された会社はICDAホールディングス株式会社で国産車・輸入車の新車販売から、中古車販売、車買取、そして自動車リサイクル事業まで行っておられる会社で、ホンダ三重北販売(何れもとても大きな店舗で10店舗)を中心に、ポルシェ、フォルクス・ワーゲン、アウディの販売をされている。また、海外展開を目指しておられることも伺っている。

○オートモール_3.jpg

写真は鈴鹿中央通り沿いにある、同社の運営する「鈴鹿オートモール」。左からポルシェの販売店、その向こうがアウディ販売店、その向こうが屋内中古車販売店、右側は奥に整備工場があり、手前はホンダ車の販売店。

ICDAの総指たる向井社長とは、たまたま鈴鹿モータースポーツ友の会でご一緒させて頂いているのであるが、大変ポジティブ志向な方で、且つ、人なつっこいお人柄には敬愛の念を抱いていた。
驚いたのは「ピンポーン」と、我が家に来訪者があり、出てみると向井さん自身が今回のパーティの案内状を持って来らたこと。こっちは単パンにタンクトップと言うのに。
ついでに私の鉄道模型のレイアウトを見て頂いたが、余計な時間をとらせただけかも知れない。
というのも、私なんぞのところまで来られたように、多くの方に案内状を手渡しで回られたようで、いくら運転手付きとは言え、今や鈴鹿市、三重県を代表するような大きな会社の大社長である。年齢も私よりもかなり上なのに、その行動力、その親切さには感心するばかり。

パーティ会場でも、素晴らしい接客態度で頭が低く、また大きな会場にもかかわらず開会後、そして閉会前にも全テーブルを挨拶して回られていた。
鈴鹿に住み、こうした立派な方に知り合えただけでも喜びである。
やっぱりレイアウトを見せたのは余計だったかな?

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2013年7月28日 14:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「珈琲」です。

次のブログ記事は「暫らくぶりのコラム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト