Essay/Column/Diary

2013年11月アーカイブ

FCJレースの終焉

|

○最終戦スタート.jpg

2006年、FCJがスタートして以来アドバイザーを勤めてきたが、今年をもってFCJレースが終了した。トヨタ、ホンダ、ニッサンというグローバル3メーカーが日本の若手ドライバーの発掘と育成という目標で手を携え合った画期的なレースであった。
もう8年も経ったのか、と思う。
そして、最終戦となった11月のレースの日、FCJ出身のドライバーから遂に日本一のドライバーが生まれた。
(写真はFCJ ホームページより)

時節柄   紅葉

|
○香嵐渓.jpg

中部地方で有名な紅葉の名所として香嵐渓(愛知県)があるのだが、思えば鈴鹿に移り住んで30年以上も経つのに行ったことが無かった。
あいにく小雨の降る日だったが、しかしモヤに煙る景色が見られ、また名所だけに観光客が多いところのようだが、雨に足止めされたのか、程良い人通りの香嵐渓を訪れた。

Nゲージ MINITRIX TOPORAMA

|
□初代ビスタカー.jpg

Nゲージのコルクボードレイアウトを手放し、Nゲージからは少し離れていたのであるが、実は車両は編成物でいくつか保存していて、それらの車両を走らせる方法を考えていたのだが、中古模型を扱っているショップ(ホビーランドぽち名古屋店)に立ち寄った際、このドイツ製のMINITRIXのTOPORAMAなる簡易レイアウトベースを見つけ、7,800円という安さもあって購入した。
写真は、そのTOPORAMA上を走る近鉄の初代ビスタカー。
1958年に登場した日本初の二階建て車両で有名だが、その先進的な設計と開発は以降の近鉄車両の近代化の規範となっただけでなく、国鉄や他の私鉄車両の開発にも大きく影響を与えたもので、言わば資料的な意味を感じている。

雨のWEC

|
◎KCMGピットから.jpg

今年もF1とWTCC(World Touring Car Championship)そしてWEC(World Endurance Championship)と日本で行われた世界選手権のレースを(肉眼で)見ることが出来た。
写真は日本のKCMGチーム、車両はモーガン・ニッサンのピットで、この車には松田次生選手も乗る。

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このアーカイブについて

このページには、2013年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年10月です。

次のアーカイブは2013年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト