Essay/Column/Diary

時節柄  薔薇

|
○薔薇140516.jpg

薔薇は、いつになったら咲くのだろうと気を揉ませるのだが、
いつの間に蕾が膨らんでいたのか、
気が付くと大きな花が咲いていて驚かせてくれる。
真紅の、その色あいが鮮やかなだけに。

もとより、私は花を観賞したり育てたりする方ではないのだが、しかし、今の季節はそこここに綺麗な花が咲き、理屈抜きに花の美しさに感動を覚えてしまう。

○庭花壇.jpg

我が家でも、女房が植物を育てるのが趣味のようで、冒頭の薔薇をはじめ、
"猫の額"には絶えずいくつかの花が咲いている。
そうか、私はホビールームでレイアウト(鉄道模型ジオラマ)を作って楽しんでいるけれど、ここは彼女のレイアウトなのか。

○門柱前.jpg

いや、庭に限らず、隙あらばと、あちこちに花が植えてある。
それがまた美しい色を見せてくれるので、家全体が綺麗に飾られたようにさえ感じさせてくれる。

花に限らないのだけど、自然の作る色とは、何故こうも純粋に美しく感じられるのだろうか、花も、水も、山も、空も。
人間が作り出す美しさも沢山あるけれど、しかし自然には敵わないな、と思わせられる季節である。

○ガレージ横花壇.jpg

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2014年5月17日 09:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ワーゲン・ビートルに乗った・・・ゾ」です。

次のブログ記事は「続 レイアウトはアートだ  公園」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト