Essay/Column/Diary

市役所でモータースポーツ講座

|
◎市長挨拶_2.JPG

さすがモータースポーツの街、鈴鹿市では商業観光課にモータースポーツ振興グループが出来た。
その最初の企画として「初心者のためのモータースポーツおもしろ体験・講座」が開催され、私もその講座を担当させて頂いた。
写真は開講式で挨拶をされる末松則子鈴鹿市長。

◎2人紹介.jpg

鈴鹿市は「モータースポーツ都市宣言」から10周年を迎え、新しい取り組みとして、この企画が生まれた訳で、鈴鹿市民を対象に、モータースポーツ講座、サーキット体験講座、レーシングチーム見学講座、レース観戦ツアー、などが組まれている。
写真は、今回講師を務める私と2輪チャンピオンの徳留選手を紹介しているところ。

◎講義_2.jpg

参加者は定員60名で、募集前には、はたして定員が埋まるのか、などと関係者で案じたものの、90名あまりの方の応募があった、ということで、さすが鈴鹿市民の方! と、皆で安堵した。
というのも、まだまだ一般的にはモータースポーツは馴染みの薄いもので、さすがに、もう暴走族の親分とは思われなくなったが、未だにスピード悪といった印象を持たれるようで、メディアには殆ど取り上げられない。また、F1以外の国内レースに至っては殆ど知られることがない。
参加者の内容は、言わば老若男女。特に40代以上の方(結構女性の方が多い)と子供さん/小学生が多く、一方、肝心の若い男性は少なかった。
始まりの講座として、私はモータースポーツの歴史を中心に色々お話しをさせて頂いた。
皆さんの様子を見ながら話を進めるのだが、多くの方が興味を持って聞いて頂いているようで、こちらも力が入り、かなり時間をオーバーしてしまった。(計算どおりだけど)

◎サイン会.jpg

講座終了後は全員で記念写真を撮り、そしてサイン会となったのだが、「とても解りやすかったです」とか「とても面白かった」と言って頂き、こちらも大変嬉しい思いをさせて頂いた。

それにしても、久々に沢山のサインをしたので手がおかしくなってしまったんだよな。

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2014年6月12日 11:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「羊の皮を被った豹」です。

次のブログ記事は「HNモジュール運転会より」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト