Essay/Column/Diary

完全無欠? BMW 523d

|
〇BMW523dポートレート.jpg

最新の車に乗る機会はさほど多くないのだが、過日BMWの最新モデル523dに乗ることが出来た、それも300km余り走らせて頂いた。
BMWを含め、近年の車のデザインは人相の悪い方にばかり向かっていたのが嫌だったが、この車は本来の美しいデザインを取り戻しているのは好ましかった。

〇523サイドビュー.jpg

まずは新しい5シリーズに乗せて頂く、というイメージだけでディーゼル・エンジンであることなどはスッカリ忘れていて、かなり後になり、その走りっぷりで気付くことになる。
シート・ポジションを合わせ、スイッチ類の説明を受け、スタートボタンを押してエンジンを掛ける。ステアリングの触感が良い、太めの丸い断面と程良い固さ加減が手に馴染む、これが意外とシックリ来ない車もあるので。
走り出すと、すぐにかなり力強い車であることが伝わってくる。
足は少し硬めだがダンピングが良く効いていて、段差や舗装の継ぎ目など全く角が無く越えるし、足回りのシッカリ感が充分に伝わる。
走行モードは4種類あるのだが、エンジンを掛ければ選ばれている「コンフォート・モード」で走っているが、それでもアクセルに対する反応が良いと言うのか、低い速度でもアクセルを踏んだ時の反応や加速度が意志のまま、あるいはそれ以上で、気持ち良い走行感覚が得られる。
高速道路でも、そのまま「コンフォート・モード」で充分に事足りるのだが、上り坂のところで「スポーツ・モード」に入れてみた。8速あるギアは瞬時に1速落ちる、そして少しアクセルを加えると、ターボラグなど無いに等しく力強い加速に入る、いや何とも気持ち良い。
人の感覚は、車自体が坂を上るにもかかわらず、アクセルを大きく踏み込まなければならないと、まるで自分が坂を上るように気疲れするものだが、この車はその逆で、坂でも少しアクセルを加えてやると車は我が意を得たように走り、胸が透くような加速感が得られる。

〇523エンブレム.jpg

ターボのタイムラグが何故無いのか、何故低速度からでもすぐに力が出るのか、と思った時に、やっとディーゼルなのを思い出した。それまで音とか振動が全く無いので意識していなかったのだが、そうか、ディーゼルのトルクだろと。きっとターボが効くまでにも、あるいは低回転でも大きなトルクですぐに車を加速に移らせているのだろう、そこで排気量を教えてもらうと、2リッターとのこと。
「エーッ!」と安っぽく声を上げてしまった。5シリーズのボディに2リッターで、この力強さ!
近年エンジンのダウンサイジング化が広まってきているが、単なる流行で、省資源に協力している姿をアピールしているものとさえ思ってきたが、違っていた。
テクノロジーの進化が小排気量でも高性能を発揮するからだと悟った。
それにしても現代のディーゼル(ターボ)エンジンの進化には驚くばかりである。

〇523運転席.jpg

これまで正直、BMWのシートは私の体に合わなかった。だから長距離を走ると体に違和感を覚えたのだが、この523dはドンピシャで、自然なポジションで300km走っても何ともなく快適にドライブ出来た。
ハンドリングは従来よりBMWの素晴らしい感触が得られる部分で、やはり、この523dも車と手が一体となるような、その自然な感触が気持ち良かった。
テストドライブでは無く、ただの移動なのでコーナリングや急発進、急ブレーキなどを試すことは無かったが、これで充分。普通の車の使い方としての感覚が大切なのだから、そして延長線上には充分な能力があることも伝わってきていたから。

走行を終える頃には、車という機械はここまで進化するものなのか、とひたすら感心してしまった。
これまでは車に乗ると「ここが悪い」「何でもう一寸良くならないの」など、いくつもその車の欠点が露わになるものだが、
「これ悪いところが無いぞ」と。その上、人間の感性を喜ばせてくれさえする、と感じる。
ああ唯一、ワイパーのハイスピードが遅い、というのがあった、ただそれだけだ。

この先、車は、これ以上にどう進化させるのだろうか・・・

〇523リアビュー.jpg

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2015年9月22日 10:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ゴールデン・アロー」です。

次のブログ記事は「長距離ドライブ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト