Essay/Column/Diary

英虞湾

|
○英虞湾.jpg
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

今年の写真は英虞(あご)湾。
そう、今年「伊勢志摩サミット」が開催される賢島が面しているリアス式海岸である。
メディアでは「伊勢志摩サミット」の開催にあたり、この地域の紹介として「伊勢神宮」ばかりが取り上げられている。
確かに「伊勢神宮」は旧来、日本を代表する神社なので間違い無いのだが、実際にサミットの開催される賢島は、美しい英虞湾に面していることも紹介されるべきだろう。
英虞湾は太平洋に繋がっているものの、入り組んだ湾内は波も殆ど無く、複雑な海岸の景色は絶景そのものである。
写真は英虞湾の南側にあるホテルから北向きに写したものだが、サミットの開催される賢島の志摩観光ホテルから見る夕陽の英虞湾は息を呑むほどの美しさだろう。

伊勢志摩地方には伊勢神宮を初めとして、鳥羽や二見ケ浦、そしてスペイン村など、観光地が多いのだが、英虞湾の美しさはあまり語られていない。
「伊勢志摩サミット」を機会に知ってもらいたいと、三重県在住の者として思うものだ。

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2016年1月 1日 21:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「時節柄? HOGWARTS EXPRESS」です。

次のブログ記事は「思い出のVWゴルフ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト