Essay/Column/Diary

ヒストリックカーレース

|
○英国旧車群.jpg

ロータス23B、ジネッタG4、ヒルマンインプ、ジャガーEタイプ、フォードエスコートなど、英国の古い車がズラリと並ぶ。
これは先月、鈴鹿サーキットで開催された「ゴールデン・トロフィー・レース」のパドックシーンだ。
日本では、こうしたヒストリックカーによるレースは少ない。

もう少し写真を、

◎エラン.jpg

イギリス車の続きで、手前からロータス エラン、赤いジネッタG4の向こうはシェブロンのBいくつかかな?、コルティナ ロータス、モーリス ミニなど。

◎ホンダS.jpg

ホンダ S8、S6の集団。どれも非常に綺麗でコンディションが良さそう。私も初めての車が中古のS600だったので何とも懐かしい。

◎2002.jpg

こちらは車検場に於けるBMW2002の2台、その向こうはブルーバードSSS、ちらりと赤い車はアルファ ジュリア1750GT。
その他、写真には無いが、何とも懐かしく、泣けるような車が集まり耐久レースをする訳だ。
とは言え、
実は参加台数が少ないのが寂しいのである。ヒストリックは3種類のレースが行われたが、併せても参加は34台であり、コース上では、どうしてもバラけた感じのレースとなってしまう。
ヒストリックのレースは筑波サーキットが主体で開催されており、こちらは東京という大経済圏を控えるだけに、かなりの参加台数が集まり、白熱したレースが展開されている。

そう言えば、私も以前に筑波のヒストリックカー耐久レースに参加させて頂いたことがある。
ロータス23Bを所有されるオーナーの方と、私と、もう一人の3人で組んだ。1時間の耐久レースだったがドライバー交替のピット時間をハンデキャップとしていて、それは車両の性能差やドライバーの技量差を埋め合わす方式で、我々はロータス23Bという速い車とレース経験者(私ともう一名)が乗ることから、1回のピットストップタイムが何と6分、2回で12分もピットに停まることiなった。
ピットインの都度、激しく順位を落としたが、それでも何とか6位まで追い上げフィニッシュしたが、とてもレースを楽しませて頂いた。

GoodwoodRevival女性.gif

さて、レースの本場であり、古いものを大事にするイギリスでは、素晴らしいヒストリックカーレースが開催されている。(写真はウィキペディアより)
私も昔、イギリスでヒストリックカーのレースを見たことがあるが、驚くのは全車まさに全開、高そうな価値ある車を、目一杯の走りで争っていた。
農耕民族と狩猟民族などと我々は比較することがあるが、まさに狩猟民族、肉食との違いを覚えた記憶がある。
まあ本来、レーシングカーはレーシングスピードで走ってナンボのもの、本来の使い方である。
それはともかく、例年開催されている素晴らしいヒストリックカーレースに「グッドウッド リバイバル」がある。
(※グッドウッド フェスティバルでは無い)
次のURLで、本場のヒストリックカーレースの素晴らしさ、往年の雰囲気を楽しむ姿、イベントを楽しむ観客の多さ、そして表示される「次の動画」では実に多種類のレースが行われており、選んで頂くと楽しく見て頂けることだろう。

https://www.youtube.com/watch?v=XCk45T29-PE

goodwoodrevival banner.jpg

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2016年2月13日 14:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「三重ジョブキッズキャラバン」です。

次のブログ記事は「DCC レールクリーニングカー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト