Essay/Column/Diary

D51 たまにはこんな写真でも

|
□D51_ポートレート.jpg

何故か、誰でも知っているD51。
むしろ「デゴイチ」などとニックネームで呼ばれることが多い。
何故にD51が有名になったのかは判らないが・・・

□D51サイドビュー_2.jpg

ひとつには、蒸気機関車で日本最多数の1100両を越えるD51が生産され、全国各地で見られたこと。
あるいは、貨物機だがスピードも出る性能ゆえ、貨物列車だけでなく客車列車も牽き、その運用が広範囲だったこと。
などと言うよりは、「デゴイチ」という呼び名が親近感を持たせたのではと思う。そして、一般の方には「デゴイチ」が蒸気機関車の代名詞のようになっていると言えよう。
また、マニア的には機関車のプロポーションが良い。
4つの動輪、先輪と従輪の配置。ボイラーとキャブのバランスなど、鉄道好きの気持ちを掴むものがあるようだ。

□D51ポートレート_2.jpg

イギリス型の模型だけでなく、時折、こうして日本型も走らせている。
このD51はKATO製、ご覧のように停止していてもヘッドライトが点いている、つまりDCC(デジタル・コマンド・コントロール)そしてサウンド仕様に改造している。
そのデコーダーはクマタ貿易製である。
客車はトラムウェイ製のオハ35、ぶどう1号という濃い茶色の塗色で3等車のマークが入っており、昔を懐かしみ購入したものだ。よく見ると室内灯が点いているのだが暗いので明るい部屋では気付かない。

□キャブ_2.jpg

キャブ(運転台)回りのアップ写真。
ウエザリングを施せば、より実感的になるのだが、怠け者ゆえ購入時のままである。
それでも、こうして拡大して見るとなかなか実感味がある。

□D51_上り勾配.jpg

築堤を行くD51牽く貨物列車。
「ヴォォーーーーッ」と独特の汽笛を鳴らして・・・・

PS:これらの写真を写したのは、斜め上部から照らすライトを取り付けたので、その試写でもある。本来、日本の真っ黒な蒸気機関車は車体が暗くなってしまい、なかなかこのように細かい部分まで見えるように写らなかったので。

□コーナーライトD51.jpg


Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2017年9月 6日 22:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「デザインの力 その2」です。

次のブログ記事は「意外と早く・・EVの流れ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト