Essay/Column/Diary

講演会

|

Nシリーズにかける思い.jpg

時々、何らかの講演会を聞きに出掛けるのだが、今回は私の住む鈴鹿にも関連する講演会を聞きに行った。
「2nd Nシリーズにかける思い」と題した、本田技研の鈴鹿製作所の所長の方の講演だった。

この講演の申込みをした後、講演の間近に「2017年に日本で最も売れたクルマはホンダN-BOXだった」との記事が新聞に掲載された。
まさにタイムリーな講演を聞くことになった。
場所は鈴鹿の商工会議所で行われたが、会議所の表には三重県のホンダディーラーで最大、且つ、全国でも7位の販売数を誇る「ホンダカーズ三重北」さんが色々な車を展示されていた。

N-BOX2.jpg

因みにN-BOXの販売数に関して正確には、日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が2018年1月11日に発表した2017年1~12月の車名別新車販売台数で、ホンダN-BOXの販売台数は前年比で17.2%増加の21万8478台で首位となった。
2位に入ったトヨタ自動車のハイブリッド車(HEV)「プリウス」を5万台以上引き離しており、ホンダとしては2002年の「フィット」以来、実に15年ぶりに1位を獲得した。
そして、
このN-BOXは鈴鹿製作所で製造されている。
ということで、おらが街の自慢となる訳だ。

講演では、N-BOXの車両の説明と共に、鈴鹿製作所で開発に関わられた部分も語られた。
特にボディ、シャシー関係で軽量化と剛性アップに新技術を採り入れられ、その方法がモノコック構造ながら、パネルに柱状の部分を作り、骨組み状に構造を取られて成功された由、私もスペースフレーム(格子状シャシー)のレーシングカー作りに携わってきただけに、興味深く聞き入った。

何れにしても、歳をとると聞く耳を持つようになるのかな、色々な講演に価値を感じるようになったようだ。

講演会場.jpg

写真は講演後に写したもの。

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2018年1月26日 23:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「最も美しい機関車と最も不細工な機関車」です。

次のブログ記事は「鈴鹿 神戸の街」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト