Essay/Column/Diary

ホテルの朝とRR

|
〇ホテルの朝RR3台.jpg

久しぶりに鈴鹿サーキットホテルに泊まった。
部屋はSouth棟で少しレストランからは遠く、しかし朝の澄んだ空気の中、ホテルの庭を歩いて朝食に向かった。
ふと横の駐車場を見ると、3台のスポーティなロールスロイス(RR)が停まっていた。
やはり今日のイベントにはこうした車が、さりげなく居るのが似合うな、と思った。

「RICHARD MILLE 鈴鹿 サウンドオブエンジン2018」が開催された。
世界的に歴史的価値が高い往年の名車を集め、F1をはじめモータースポーツの歴史を振り返るイベントである。

〇プログラム表紙.jpg
写真はプログラムの表紙

今年は Masters Historic F1 のレースが組み込まれた。つまり正式なレースであり、私は審査委員として参加し、ホテルにも泊まっていたという訳だ。
そのことは別にして、毎年このイベントを楽しみにしているのは色々な貴重な車が見られるからである。

〇スーパーカー集合.jpg

ピット裏のパドックを上から見ると、ご覧のように、新旧のスーパースポーツカーがズラリと並ぶ。

〇カレラ10と904.jpg

1967年の「ポルシェ910」と後ろには1965年の「ポルシェ904」。

〇GT40_トヨタ2000GT.jpg

「フォードGT40」と、その向こうには「トヨタ2000GT」。

〇プジョーCカー.jpg

グループCカーの1991年「プジョー905」も招聘されていた。それにしても、走行では飛び出したりスピンしたりと結構な勢いで走らせていた。

〇グランプリ広場旧車.jpg

また、グランドスタンド裏のグランプリ広場にも、色々な名車が展示されていた。

〇コスモ.jpg

どれも、とても綺麗に整備された車ばかりだ。

〇MHFJピット前.jpg

私が関係していたのは、このヒストリックF1レース。
1966年~1985年のF1で、自然吸気3リッターエンジンによるもの。
ヨーロッパではシリーズ戦が組まれている。
以前のF1そのものでレースをしてしまうという、何とも高級なレースだ。今回は日本人3名を含む23台が参加した。
ヒストリックカーレースというと、高価なレーシングカーをお金持ちが大事に大事に走るのだろう、というイメージを持たれそうだが、さにあらず。
通常のレースと変わりなく目一杯の全開走行だ。やっぱりな、と思った。

私はイギリスでヒストリックやクラシックのレーシングカーによるレースも見ているが、全くの全開走行で、ブガッティもMGもドリフトして走っていて驚いた。
そうか、レーシングカーとは、全開走行させてやることこそレーシングカーの姿なのだと。

〇MHF1グリッド.jpg

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2018年11月22日 22:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鉄道博物館」です。

次のブログ記事は「イギリス型の鉄道模型店」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト