Essay/Column/Diary

またホンダジェットから?・・でも違うんだな

|
◎ホンダジェット_モデル.jpg

全回のコラムに引き続き、タイトル写真はホンダジェット。
今回は本物ではなくモデルだけれど、
さて、何処に展示されていたものでしょうか。

正解はこちら「東京モーターショー」のホンダブース内でした。

◎ホンダブース入口.jpg

という訳で、先日「東京モーターショー」に行ってきた。

◎ホンダジェットのエンジン.jpg

事のついでにホンダジェットのエンジン、無論これは実物。
凄いですね、ゼロから高性能のジェットエンジンを作ってしまうのですから。

◎ホンダジェット高度.jpg

知ってました? 旅客機より上を飛べるんだって。
まあ、飛行機はこの辺にして。

◎フィットとEV.jpg

ホンダのブースではEVカーの「Honda e」と新発売の「フィット」が主な展示だった。
「Honda e」は他メーカーのコンセプトカーと違い、発売も近いようで実質的な展示だ。

◎ホンダレース展示.jpg

勿論、何といってもレースはホンダのDNAだ。
F1、モトGP、まさに世界の頂点たるレースカテゴリーで活躍する車両が並ぶ。

◎ニッサン_アリア.jpg

これぞモーターショーとでも言いたいコンセプトカーの展示。
ニッサン「ARIYA」、無論EVカーだが、そして時代はSUVだ。

◎ニッサンブース.jpg

今回、有明会場で力が入っていると思えたのがニッサンのブースだった。
展示車両も多く、人混みになっていた。

◎ニッサンリーフニスモ.jpg

「リーフ」のニスモバージョン、なかなかインパクトあり。

◎マツダMX30.jpg

マツダもついにEVカー「MX-30」を展示していた。
何と、観音開きだ。

◎マツダCX30.jpg

また、素晴らしいデザインの「CX30」が人気を呼んでいた。
確かにバランスの取れた美しいデザインだけど、Aピラーが後ろで寝過ぎじゃないの、何か乗り降りの時に頭に当たりそう、イケナイ、つい批判してしまった。

キリが無いので目立ったところだけを。

◎メルセデスEOS_2.jpg

これは目立った。メルセデスのEVコンセプトカー「EOS」と言うのかな。
ダイナミックなデザインと光の美しさが人の目を惹いていた。
以前の私のコラム「メルセデスE-Class」でも室内照明の美しさを書いたが、その室内の青い照明を強調し、今回はボディのウエストラインにも青いラインを光らせていた。
未来のクルマは光もテーマになってくるのかな。

◎JAFブース.jpg

変わったところでは、JAFのブースにはレーシング・シミュレーターが並び、多くの人が順番を待っていた。
JAFが認定のe-スポーツを取り入れ、バーチャルシリーズを開催していることは全く知らなかった。

◎モーターショー会場内部.jpg

生憎、当日は強い雨と風が吹き荒れ、トヨタ等を展示している青海会場には足を運ばなかった。
その上で、ザックリと全体の感想を言ってしまうと、少し寂しいモーターショーだった。
以前の華やかさが失われた印象で、クルマへの関心が失われつつある現況を反映しているのだろうか。
そして、その日本のマーケットを見透かされたように海外メーカーの出展が激減し、メルセデスとルノーだけのようだ。そう、BMWやPSAやフィアット系や北欧系、アメ車や韓国系など、本当は見るだけでも楽しかったのに・・・
また、国内メーカーも、あまり力が入っているように思えず、お決まりのEVカーの展示と、あとは実質的な市販車を数台並べている印象だった。
モーターショーには、クルマが好きで、魅力あるクルマを見たい、と訪れる方が多いのではと思うが、そうした意味では夢が少ないショーに思えた。

◎ビッグサイト外観.jpg

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2019年10月29日 18:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2019 F1 日本グランプリ」です。

次のブログ記事は「紅葉を見に出掛けた・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト