Essay/Column/Diary

紅葉を見に出掛けた・・・

|
〇紅葉_2.jpg

三重県で一番高い山は何処か、ご存じですか。
過日、紅葉を見に出掛けた。
写真は、こんなところを登れるはずも無く、ロープウェイから写したもの。

〇ロープウエー乗り場_2.jpg

答えは御在所岳で鈴鹿山脈に位置する。写真はロープウェイ乗り場。
実は三重県で一番高いとは言っても1,212mと、さほど高くは無く、認知されていないのも当然だが、御在所の麓には湯の山温泉があり、そして、新名神高速や名阪道を使うことで名古屋や関西方面からのアクセスが良いので多くの観光客が訪れる。
過日、雲一つない晴天に、思い立って、家内と御在所に向かった。
実は、自宅から御在所までは40分もかからない距離にあり、大袈裟に言うと、その日の気分で行けるのだ。御在所ロープウェイ乗り場の横には立体駐車場があるので向かったのだが、その寸前の分岐路に案内の方が居て「本日は強風の為、ロープウェイは運転していません」とのこと。
確かに、天気はいいけど周りの木々は激しく揺れている。
ロープウェイは風速15m以上の風があると運転されないとのこと。
「ショーガない」
でも大丈夫、引き返す必要は無い。
この近く、湯の山温泉には行きつけの日帰り入浴が出来るホテルがある。
そこのランチがまた美味なのだ。
ということで、この日は湯の山温泉に寄って帰った。
2日後。
今年は好天が続く。
また、雲一つない天気だ・・・そして風もない。
えーい、御在所リベンジだ !!
と、再び御在所に向かった。近いというのは便利だ。

■ロープウェイ.jpg

御座所ロープウェイの素晴らしい眺め。
まず手前の白い鉄塔は61mの高さでロープウェイの鉄塔としては日本一高い。
その少し左上に見えるコンクリート橋は新しく出来た橋で、ロープウェイ乗り場は、あの近くにある。
つまり、あんなに下から上って来ている訳だ,このロープウェイ。
その橋の上方にカーブを描く高速道路が見えるが新名神高速だ。写真の左1/4あたりに菰野(こもの)インターチェンジがあり、東は四日市に、そして西に向かうと御在所/湯の山へのアクセスとなり、やがて先述のコンクリート橋に繋がっている。
写真の上方、白く見えるのは伊勢湾だ。少しモヤがかって海が青く見えないが、まさに絶景。

〇御在所頂上.jpg

御在所岳の頂上、三重県と滋賀県に跨る。正確には標高1211.95米 とある。
この日は暖かく、キルティングのジャンパーを脱ぐほどだった。

□山並み眺め.jpg

山頂付近からの眺め、南方を見る。
紅葉は少なかったが、鈴鹿山脈の山並みがとても美しく見えた。

〇展望レストラン.jpg

以前は無かったが、今は崖に飛び出た形で展望レストランがあり(写真 左)、眺望を眺めつつ食事が出来た。

〇紅葉と富士見.jpg

最後に東面の富士見岩の近くに行くと紅葉が広がっていた。
いやいや、霞が少し晴れた時に、僅かに富士山の姿が見えたのだった。

〇ロープウェイ下り高さ.jpg

帰路、下りのロープウェイで見ると、鉄塔間の距離がとてつもなく長いのに感心する。
「確かに、これ、風が強かったら無理だわな」。

この日も、帰りには湯の山温泉のいつものホテルに寄り、温泉をゆっくりと楽しんで帰った。
海にも山にも近い、鈴鹿に住んでいることの幸せを感じていた。

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2019年11月12日 15:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「またホンダジェットから?・・でも違うんだな」です。

次のブログ記事は「レイアウトはアートだ! ミニ・レイアウト」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト