Essay/Column/Diary

南海電車 いくつかの写真から

|
□1我孫子道_車庫.jpg

阪堺電気軌道 我孫子道車庫 にて。
いわゆる阪堺線。何十年ぶりになるのだろう、というより大袈裟に半世紀以上か、誠に久しぶりに阪堺線に乗って住吉公園に向かった。

□2天王寺駅.jpg

始点の天王寺駅は、とても綺麗になっていた。
しかも、入ってきたのは低床のLRT車両、「堺トラム」と呼ぶらしい。
南海本線が狭軌の1067mmなのに対し阪堺線は標準軌1435mm、直流600Vだ。

□軌道敷.jpg

懐かしい軌道敷。
場所によって車道が殆ど無くなるほど狭いところもある。

◇帝塚山あたり.jpg

モノクロにしてみると、阪堺線沿いには、昔のままの街並みも見られた。

□4浜寺駅.jpg

終点の浜寺公園に隣接する浜寺駅。

□5浜寺公園駅.jpg

そして、こちらは上の阪堺線浜寺駅のすぐ近くにある南海本線の浜寺公園駅の旧駅舎。
辰野金吾の辰野片岡事務所設計のハーフティンバー様式で登録有形文化財に登録されている。

□6岸の里玉出駅.jpg

岸里玉出駅。南海本線側から汐見橋線の短いホームを見る。
この右方向には少し離れて高野線のホームがある。

□7南海汐見橋駅.jpg

汐見橋線の終点、汐見橋駅にて。

日本で最初の純民間資本による民鉄「阪堺鉄道」を前身とする南海電鉄は、今も独特の雰囲気を醸し出していた。

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2019年12月21日 10:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「BMW X5に乗った・・ゾ」です。

次のブログ記事は「新年おめでとうございます」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト