Essay/Column/Diary

永源寺と八風街道

|

〇永源寺タイトル.jpg

先日、滋賀県の永源寺に行ってきた。
永源寺は紅葉の美しさで知られる臨済宗永源寺派の大本山だ。
以前にも紅葉を見に訪れたことがあるが、今回はルートを変えて、昔の八風街道沿いの国道421号線を初めて通って向かった。

〇峠道.jpg

鈴鹿に住む私にとって、以前より、この国道421号線が永源寺に向かうには最短ルートなのは知っていたが、鈴鹿山脈の北側の部分の山越えが険しく、道が狭くて大変そうなので避けてきたのだが、今は長いトンネルが出来たことでかなり良くなった旨で、よって初めて通る事にした。
トンネルを抜けて滋賀県に入ると山の紅葉がとても美しかった。

〇境内5.jpg

永源寺は滋賀県の東部、愛知川(えちがわ)沿いの山裾に建ち、お寺の常で階段を上って山門に辿り着く。
山門の手前では高所から愛知川沿いの美しい景色が見られた。

〇境内2.jpg

紅葉を見るには少し早く行ってしまったようだが、それでも淡い紅葉と緑葉のグラデーションも独特の雰囲気が感じられた。

〇境内1.jpg 〇遊び心文字.jpg 〇奥山の美しさ.jpg

一番奥の僧堂から裏山を見る。
我々観光客はこのような綺麗な景色に見とれるばかりだが、
僧堂とは「禅」を専門に学ぶ道場で、修行僧はひたすら修行に専念する場である。
そうした修行僧の目からは、同じ景色もどのように映るのだろう、と思ってしまう。

〇おでん屋.jpg

坂を下りた参道にはこうした売店がある。
“花より団子”ならず”紅葉よりおでん”だ。
永源寺の赤コンニャクは有名で、すっかり冷えた体に、非アルコール製の甘酒と共に、とても有難く美味しかった。

〇河原.jpg

帰路、国道421の脇にはこうした綺麗な河原やキャンプ場が数か所見られた。
ここは深山キャンプ場で、愛知川の上流だが名称が神崎川と変わるようだ。

来年の夏には来てみよう。

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2020年12月 4日 17:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ナンバー付カドウェル?」です。

次のブログ記事は「久しぶりの”ツインリンクもてぎ”」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト