Essay/Column/Diary

時節柄 コーンウォール

|
▲庭からの景色 (2).jpg

昨日より、先進国7ヶ国首脳会議がイギリスのコーンウォールで開催されていて、テレビには海べリの景色が映し出される。
サミットの開かれている場所そのものには行ったことは無いのだが、コーンウォールの似たような景色の場所には行った経験があるので、その景色から。(各写真は拡大して見て頂ければ幸いです)

テレビで紹介されるようにコーンウォール地方がイングランド南西部であることは周知のとおり。
美しい海岸が続く、まさに風光明媚な地方である。
私が訪れたのは、撮影の為にダウリッシュ(Dowlish)とティンマス(Teignmouth)に、そして宿泊したトーキー(Torquay)だ。

DSC04710 (2).JPG

最初に訪れたダウリッシュは海べリの町で、多くのリゾート客の姿が見受けられた。

DSC04707 (2).JPG

ダウリッシュは駅も海岸に突き出している。また線路横には延々と遊歩道が設置されていた。

DSC04709 (2).JPG

海岸には家族連れが海遊びをする姿が見られた。

□ダウリッシュのIC125近景 (2).jpg

一方、鉄道では海が荒れた時には線路や駅に波が打ちつけるところとしても有名で、列車は雄壮に波を被りながら走ることでも有名だ! 写真中央のコンクリートが新しい部分は近年、波で崩されたところだ。

DSC04764 (2).JPG

続いて訪れたのは美しいティンマス海岸。(ダウリッシュの南隣りの海岸)
まるで、名探偵ポアロの映画に出てきそうな風景だ。
イギリスでは珍しいほどの好天の時間?だった。

P1050146 (3).JPG

ティンマス海岸はイギリスで有名な鉄道撮影のポイントだ。
有難いことに、線路横にはダウリッシュ同様に遊歩道が設けられ、撮影に行くのも楽だったが、それ以上に、散歩をする人を主体としたような写真が撮れた。

▲トーキー駅_1 (2).jpg

トーキーは、駅に着いた時から少し心が躍った。
何と綺麗な駅なのだろう、と。

P1040993 (2).JPG

トーキーはアガサ・クリスティの生誕地で、町の公園には胸像がある。
後ろに観覧車が見えるように、トーキーは観光地のようで、山側には商店街が広がり、沢山の観光客で賑わっていた。

DSC04742 (2).JPG

宿泊したホテルの玄関。
小さな入口だけど花が綺麗に飾られていた。

P1050004 (2).JPG

宿泊したホテルは海岸べりだった。
最初のタイトル写真のように、海の眺めが素晴らしいところで、このように庭も綺麗に整備されていた。

P1050092 (3).JPG

翌朝、庭を見るとバイデンさんが散歩していた・・・嘘です。

イングランドで最も美しい海岸線を持つコーンウォール地方の訪問だったが、色々撮影した中で、
何かホッとさせてくれたのが下の写真だ。

列車が海岸に近づくと窓ガラスに鼻をくっつけて景色に見入る女の子。
子供らしい何とも可愛い仕草は、世界共通だ。

女の子_2 (2).jpg

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2021年6月12日 16:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「我がレイアウトの写真から」です。

次のブログ記事は「最近、少し驚いたこと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト