Essay/Column/Diary

我がレイアウトの写真から Nゲーシ編 Part 1

|

0③0766 (3).JPG

この「我がレイアウトの写真から」も3回目になる。
イギリス型OOゲージ(1/76)、日本型HOゲージ(16番? 1/80)ときたので、今回は1/150の世界、Nゲージにしようか。
あまり拘ってこなかったNゲージも、写真を探してみると意外と色々出てきた。
こんなにNでも遊んでいたのかと感心する。
上のタイトル写真はコルクボード・レイアウトと名付け、ホームセンターで売っている600×900mmのコルクボードの上に作ったレイアウトだ。


◆これは以前に買ったマイクロエース製のジオラマレールで今はもう無い。
1●ダイニングテーブル上_2 (3).jpg

プラスティック製のベースに線路も一体で作られたもので、複線の間で外側と内側に分割出来て単線にもなる。またトラス橋も簡単に組み立てて、川の雰囲気もある、という良い企画の製品だった。(写真はKATOの直線を1本分伸ばしている)
惜しむらくは、KATOの線路と同じ規格のレールジョイント部分だったが、ジョイナーの電圧降下が大きく、車速の上下が気になった。

2●こだま東海 (2).JPG

複線によるすれ違いや、紙に印刷された畑など、簡単に組み立てられつつも、良い雰囲気があった。

3●09839 (2).JPG

トラス橋のおかげで、京阪電車の八幡の鉄橋を思い起こすシーンも楽しめたし、何よりもストラクチャーとして高さがあり、車両が見え隠れするのは良いものだった。


◆順番は逆なのかも知れないが、Nゲージでこんなものも作っていた。
4⓪4692 (3).JPG

昔、イギリスのロンドン郊外(エッジウェア)に半年余り滞在したことがあり、帰国後、よく通ったロンドン市内に向かう景色を作ってみた。
車両はイギリス(Class47+MkⅠ客車)だが、建物類はイギリス型が無くドイツ型で代用せざるを得なかった。

5〇イギリス型モジュール_1 (3).jpg

こんな感じの道だったかな、と。


◆あるとき、中古模型を扱う店で、こんな賞品を見付けた。
6■ベース.jpg

写真は巻いてあったシート状の製品を伸ばした状態で、線路が敷いてあるように見えるが、ただ描かれたものだ。
ドイツのMINITRIX社製のTOPORAMAという製品だ。
これがまた、我が家のダイニンクテーブルの上にピッタリのサイズなのだ。

7■全景151_近鉄_京阪_名鉄 (2).jpg

この上にKATOの線路を敷くと、このようになり、2つのエンドレスが出来る。
手前の151系は7両編成で、その上のアーバンライナーは6両編成、最大この長さの列車を走らせられた。
何より、ベースが緑であることで自然感がある。
またスロープもセットされているのも親切、鉄橋を作らねば。

8■80系5500系 (2).jpg

背景を置いて写真を撮る。80系湘南型と名鉄5500系、60年当時、共に魅力的な車両だった。


◆タイトル写真のコルクボード・レイアウトの全景である。
10③0006 (3).JPG

ホビールームの机の上で遊べるようにした。収納は奥側の壁に掛ける。

11③駅前無通り (2).jpg

小さなスペースの中に、地方の私鉄(地鉄)を作ってみた。

12③駅前商店 (2).jpg

レイアウトは正に空想の世界なのだが、何を表現したいのか、から景色を創造する。
ここでは、少し高架の駅に電車が見える、小さな駅前を作った。
リサーチでは高架の駅でなく地平駅も試したが、やはり立体感を出す方が感じ良かった。
空想ではありながら、何処かにありそうな、そしてどこか懐かしい風景が出来た。

まだ長くなりそうなので、今回は一旦、ここまでにしよう。

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2021年8月21日 11:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1年ぶりの岡山国際サーキット」です。

次のブログ記事は「我がレイアウトの写真から Nゲージ編 Part 2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト