Essay/Column/Diary

やっと乗れた ”ひのとり”

|

〇0640 (2).JPG

近鉄名古屋駅。
特急“ひのとり”が入線してくると多くの人がカメラを構えた。
“ひのとり”は昨年3月より運行を開始した名阪特急で、”アーバンライナー”に替わって近鉄のフラッグシップたる車両だ。昨年すぐにでも乗りたかったのだが、件のコロナ禍により、移動を、大都市に行くことを控え、ワクチン注射が済むまで我慢をしていたら今日になり、やっと”ひのとり”に乗ることが出来た、という次第だ。

どうせ乗るなら全線を乗りたい。鈴鹿に住む私は一旦、名古屋に向かうことになるので、ついでに”アーバンライナー”で行けば比較も出来るのではと考えた。

〇0595 (2).JPG

近鉄路線では鈴鹿の表玄関となる白子(しろこ)駅から、まずは予定どうりアーバンライナーで名古屋に向かう。
一番前の車両(1号車)がデラックス車になる。

〇0599 (2).JPG

デラックス車の車内。特急料金に(名古屋までなら)たった210円を加えるだけでJRのグリーン車のようなデラックス車に乗れるので、言わば乗らなきゃ損とさえ思える。

〇0611 (2).JPG

アーバンライナー・デラックス車のシート。
当初は茶色系のソファー的なシートだったが、新型の"アーバンライナーnext"が出来てからは、"アーバンライナー"もリニューアルを受けて、同じエンジ色の独立型シートに変わった。
アーバンライナーは運行開始から15年を経過しているが、名阪特急としては、最も豪華で快適な列車であった。

〇0612 (2).JPG

近鉄特急らしい意匠の車内デザイン。
清潔さと重厚感を折り合わせたような落ち着いた印象で、これまで仕事を含め数多く大阪に出向くことがあったが、その帰路、この落ち着いた車内の雰囲気により、疲れを癒す効果もあった。

〇0633 (2).JPG

白子から名古屋へは40分、一旦、名古屋に向かう。
前のデッキからは前面展望が楽しめる。

〇0639 (2).JPG

近鉄名古屋駅に到着したアーバンライナー。
大体、この4番線は特急到着ホームだ。
乗り換え時間は8分なので、一旦改札を出て、折り返し改札を入り、"ひのとり"の入線を待つ。

〇0647 (2).JPG

5番線に入線し、出発間近な名阪特急”ひのとり”。
プレミアムカーは編成の前後端の2両になる。
ネットで購入したのは大阪側の先頭6号車だ。
賑やかな近鉄名古屋駅のホームも、大阪側の先端近くは少し寂しい雰囲気になる。

〇0642 (2).JPG

最後尾のプレミアムカーで前向きのシートを撮影した。
プレミアムカーは入った途端に、素晴らしい高級感が伝わってきた。
立派なシートはレザー製で、淡いベージュの色合いも高級感を漂わせている。

〇0651 (2).JPG

前述のように、今回の切符は近鉄のホームページから「チケットレス特急券」を購入した。
写真は自分でプリントアウトした用紙で、用紙を持ち込むかスマホで証明することになる。まあ、最近は航空券もネットで購入すると同様にA4用紙にプリントアウトして持ち込むのだが、切符で慣れ親しんだ身としては、何とも頼りない。また、乗車券は別途必要だがSuica等を利用すれば、やはり切符はいらない。
近鉄は、従来より指定のシートに座っていれば検札は行われないので、今回も改札から車内検札、改札出口までチェックされる類のものはなく、便利だけど何かスースーする感じがした。

〇0671 (2).JPG

絶品とも言えるプレミアムカーのシート。
何より、シートの形状が良くて至極快適である。
前後間隔がタップリあるので足は自由に伸ばせるし、電動でリクライニングをさせるとランバーサポートが持ち上がって来るので、何とも贅沢な姿勢もとれる。
〇0658 (2).JPG
右はシートの操作スイッチで、各部を操作出来るが、座面部にあるように、シートヒーターも備わっている。
シートはかなり大きくリクライニングするのだが、バックシェルがあるので後席に気遣う必要もないし、逆に前側に前席のシェルがあるのことで自己の個室感がある。

〇0666 (2).JPG

“ひのとり”のひとつの売りは、この前面展望だろう。
前面のガラスが上下二段になっているので、ハイデッカー構造のプレミアムカーから、立って見ても前が見えるように考慮したと思えるし、何人もの人が前に来て前面展望を楽しんでいた。

〇0686 (2).JPG

プレミアム車両のデッキ部にはカフェスポットがあり、ホットコーヒーとスナックの自動販売機が備わる。挽き立てのコーヒー(200円)が飲めるのは有難い、ただ、残念なのはホットコーヒーの1種類だけで、カフェオレやアイスコーヒーなどは無い。
また、この左側にはロッカー(無料)が備わる。

〇0701 (2).JPG

よくカッ飛ばす近鉄特急は120km/hを時々記録する。
いや、今のスマホにはアプリをダウンロードすれば、手元でスピードが見える訳で、便利なものだ。

〇0710 (2).JPG

近鉄沿線で私が好きなのは、名張から長谷寺あたりまでの山間部の景色だ。
その景色の良さと共に、流石は日本一の大私鉄で、堂々たる線形の路線を作り、高速で走り抜けるのも、何とも小気味良い。

〇0745 (2).JPG

終点、難波に近づくと車内の証明がブルーになり、車内放送が流れた。
何とも粋な演出である。

〇0749 (2).JPG

名古屋から難波までの特急料金が1930円、プレミアム料金が900円で小計2830円。
乗車券が2410円なので、合計すると5240円だ。
所用時間2時間7分だが、降りるのが惜しくなるような、快適な”ひのとり”だった。
あっ、まだ帰りも乗るけどね。

〇0756 (2).JPG

12時7分着で難波に着いたので、丁度、昼めしだ。
大阪に来たら食べたいのは、何といっても「お好み焼き」である。
難波には美味しさで有名なお好み屋がある。
それが、この「味乃家」(あじのや)で、以前に一度だけ来たことがあり、その美味しさが記憶に残ってしまった。

〇0759 (3).JPG

また、この味乃家は、以前に喜劇役者の藤山寛美氏がよく訪れていたことが有名な話で、レジの横には写真が飾ってあった。
ただ、人気の店なので昼過ぎでもあり、かなり並んで待つのだろうと覚悟をして訪れたが、意外にも1組が待っていただけで、10分程度で入ることが出来た。

〇0761 (3).JPG

味乃家の店内、カウンター席だったので焼き師の方の見事な手さばきが見られた。
やはり、焼くのは一人なのだ。

〇0764 (2).JPG 〇0766 (2).JPG

写真、左はイカ焼き、たまごに包み込まれた独特のイカ焼きだ。
右はお好み焼き(味乃家ミックス)で、分厚く まさに「ふわとろ」で、美味!
「ここ、初めてですか?」と焼き師のお兄ちゃん。
「いや、2回目だけど、やっぱり一番美味しいね」と私。
「ありがとうございます」
それをきっかけに幾つかの会話を交わしたけど、
今日の待ち時間が少なかったのは、最近はこんなものだと、
やはりコロナ禍で客足は減っているらしいし、特に夜はアルコールが出せないので客が減っている、まして、2日からの緊急事態宣言になるとアルコールは一切販売出来ないので、より客足は遠のくだろう・・・と。
結構、私もギリギリのタイミングで食べに来たものだと、ビールを流し込んだ。

〇0811 (2).JPG

日本橋の電気屋街には、鉄道模型の店も4~5店舗あり、久しぶりに見て回った。
買うものが無くても、好きな模型を見て回るのは楽しく、あるいは美術館や博物館を見て回るのに似ているかも知れない。

〇0809 (2).JPG

歩き疲れたら、一休みする店はここに決まっている。
いつも、比較的空いていることと、この壁の写真が気に入っているからだ。
車両からイタリアの駅であることは判る。
一度だけ行ったことのあるミラノ駅のようだが、その頃を偲んでコーヒーを楽しむ訳だ。

〇0849 (2).JPG

帰路は難波から津駅まで”ひのとり”(分類は甲特急)に乗り、5分乗り換えで乙特急に連絡している。
“ひのとり”は三重県では唯一、津に止まり、以降はノンストップで名古屋まで止まらない。
しかし近鉄は賢く、5分後に鳥羽発の名古屋行きの乙特急に連絡させており、以降の白子、四日市、桑名への顧客を乗り換え設定し、名古屋までの特急停車駅をフォローしている。
ついでに、逆に大阪難波方面に向かう時は、鳥羽行の乙特急が津駅で”ひのとり”の5分前に到着する設定で甲特急(ひのとり)に対応している。

〇0854 (2).JPG

そして来たのが、やはりAce Carだ。
というのも、これまでは従来型の12200系だったが、最近引退したのでAce Carだろうと思っていた。
長年近鉄特急の主力車種であった1220系の引退は、私の住む中部地方では新聞やテレビ等で取り上げられ、特別運行が設定されたりと、多くの人に惜しまれつつの運行終了となった。
しかし、頻繁に大阪往復を利用していた身からすると、アーバンライナーからの車両の落差が大きく、同じ特急列車としてガッカリしていたのでAce Carになったことは有難い。

〇0857 (2).JPG

Ace Carの車内。全体に明るい基調で、天井が高いので解放感を受ける。
シートは1220系と圧倒的な差があり、座り心地は格段に良い。
津から白子間は、たった10分間ではあるが、乗り物の差を大きく感じる10分間でもある。

〇0864 (2).JPG

こうして、我が街、鈴鹿に帰ったのであるが、
やはり”ひのとり”80000系は、近鉄が現在の都市間特急列車のあるべき姿を熟考し、そして系列の近畿車両がプライドをかけて作ったと思われる、素晴らしい特急列車であった。
同様の意向であったろう”アーバンライナー”は、これまで私鉄で最高の特急車両と思ってきたが、もうすでに15年も経っていたのか。
それぞれの開発に至る思想や車両の内容を見ることが出来た、今回の”ひのとり”と”アーバンライナー”での小旅行であった。

〇0867 (3).JPG

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

このブログ記事について

このページは、Osamu Hatagawaが2021年8月 1日 09:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「モータースポーツの第一歩 ?」です。

次のブログ記事は「1年ぶりの岡山国際サーキット」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01

Sponsor

ワンタッチテント イージーアップ

広告募集中
コンタクト